人間不信に陥るのは必死、アウトレイジ

初の北野たけし監督作品

世界の北野たけしとは海外では高く評価されているものの、中々食指が伸びませんでした。が、当時のアウトレイジの話題が頭を離れず、観てみたらこれは面白いということで紹介します。

主なあらすじ

ここに描かれているヤクザ社会を簡単に描くと○○組という大きな組織の傘下に、いくつもの組が加盟し、さらにその下にもいくつもの組が加盟しているという形態。で、ビートたけしが組長を張る組織は、組織の中の底辺の組。

それが、あれよあれよと組織のボスを殺めちゃうというのだから、そののし上がりっぷりは興奮ものでした。

やられたらやり返すは今も変わらじ

仁義なき戦いにどっぷりはまった自分から観ると、アウトレイジで描かれている抗争も、昔と変わらないやられたらやり返すというもの。

ただ、そのやり返す方が、倍返しの報復なので、最終的にはとんでもないことになるんですよね。

最初は、ぼったくりバーに連れ込んだ客が、ある組のヤクザの人で、ポン引きした彼が指をつめるという話が、ポン引きした組の組長が引退に追い込まれてしまう事態に発展してしまいます。

outrage03

みんなが策士

この事件をきっかけに組の力を弱めようと画策する輩が出てきます。両者をたきつけるような事を言って、組織同士をお互いを争わせる。互いが消耗しきった所で、策士が属する組織の力が増すというもの。

形だけだから、頼むよなんて、擦り寄っては、腹の中ではとんでもないことを考えているのだから、人間不信に陥りのは必死

残酷な殺し方

仁義なき戦いでは、拳銃ドンパチと比較的わかりやすい報復攻撃でしたが、アウトレイジのそれは残虐きわまりない殺し方で、思わず目を背けるシーンが続出。

outrage02

椎名桔平の殺され方は特に。ホラー映画ばりの残虐な方法で、それはそれはしばらくは頭からあのシーンは離れませんでした。

抗争をたきつける小日向文世

ヤクザ同士の抗争も、裏ではしっかりと仕掛け人がおり、それが警察庁のお方というのだから、びっくり。暴力団対策部署のくせに、ヤクザからはお金をもらい、逮捕されたヤクザを釈放したり、時には組同士の抗争を煽ったり。

そんな腹黒さも、のらりくらりとした笑顔がまた不気味で。ただ色々な意味で小日向文世の演技は他の演者と異なり惹かれるところがありました。

どうなるパート2

てな訳で、不毛な戦いの末、組織のテッペンがより力を増す方向で収束する訳ですが、最後の最後にまたひと波乱あり、最後まで楽しませてくれる作品でした。

この勢いのまま続けざまにパート2に突入。久方ぶりのどはまりの作品となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする