2作目も大どんでん返しの連続、「アウトレイジ ビヨンド」

死んだと思っていたら・・・

当初から2作目も予定していたらいい意味で裏切ってくれた。だって1作目でビートたけしは死んだなんて話をしていたので、てっきり2作目は全くの別設定かと思い、半ば諦めていたので・・・

それが、単なる悪い噂で当の本人はピンピン。加えて1作目の続きを描いているので、入りもスムーズ。えっ、あの人がこんなに出世したの?という驚く場面も・・・

今回も深謀遠慮炸裂

1作目の関東のヤクザ連合を束ねる組織が、さらに巨大化して力を増したというのが2作目。親分は三浦友和。ただ組織のまとまりは先代に比べるとよくなく分裂するのも時間の問題といった不穏な状態が続きます。

そこに目をつけたのが策士、小日向文世。不満を持つ組長を関西の組に紹介して、何かあったら協力を要請。

まぁ、この都合のいい話を聞いて、関西のヤクザ組織がさらに力を増すって訳ですが・・・

加瀬亮が怖すぎる

今回も個性的な役者が数多く出演しました。まずは加瀬 亮。1作目では中堅幹部、課長といった所でしょうか、それが金稼ぎの才覚を買われて親会社のNO.2になっちゃうというのですから、とんでもないごぼう抜き出世。

アウトレイジ

しかも、ちょっとしたことで、眉間にしわ寄せてわめきちらすものだから、怖さが倍増。こうゆう役柄もこなしちゃう加瀬 亮ってすごいなと関心。

チョロこと、中野英雄が大活躍

愛という名のもとにでは、3枚目役だったのに、そんな昔を微塵もかんじせなかった中野英雄。1作目での出番は少なかったけれど2作目は準主役級の扱い。全体的にフォルムがシュッとしただけなのに、凄みを増したというか本物感オーラーが漂っていました。

アウトレイジ

負けてません。西田敏行の関西弁

関西ヤクザ組織のNO.2役の西田敏行も、凄みのある関西弁で迫力がありました。まぁいちいちごもっともな返しの数々で、あのように応戦されたら、グーの根も出ない。釣りバカ日誌のハマちゃんもしゃべりは達者だったけど、それにも増して、本作品の役柄は圧巻でした。

アウトレイジ

ヤクザ世界からさよならしたけど・・・

出所後、ヤクザの世界には戻らないとは言っていたけど、復帰を望む人は多いようで、まるで仁義なき戦いの菅原文太みたいでした。

一人の人間なのに敵対する側とすれば、数千倍以上の恐ろしい存在に映るんでしょうね。加瀬 亮の尋常ではない焦りっぷりを見れば、その恐怖心の深さがかなり深いことが伺えます。

とにもかくにも、2作目もものすごく面白かったアウトレイジ。悪者はほぼいなくなったので3作目はないかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする