豪華すぎるよ。主役級の女優ばかり。こじれた恋愛にはまる「食べる女」

集会所と化す古書店兼人生相談所。

小泉今日子演じる作家の敦子。彼女の住まいは昭和感たっぷりの平屋で縁側があって庭には井戸。

作家と言う響きに洗練された無機質な高級マンションをイメージしますが、全くの真逆。

執筆はデスクではなくこたつ。ここまで昭和感を漂わせるなら手書きにしろといった感じですが、そこはノートPC。

そんな彼女の家には、職業や世代が全く異なる女子たちが集まり、夜な夜な井戸端会議が開かれています。

食べる女

ご近所、趣味の集まり、子供関連の集まりとは全く異なる、ある意味奇跡的なこの集まり。

こんなゆる~い。コミュニティをぜひとも持ってみたいと思いました。

話題の中心は恋愛話。それぞれのこじらせ方

沢尻エリカ演じる圭子は、バリバリのキャリアウーマン。しばらく彼氏もできずというか作らず、仕事一本で面倒な恋愛はしばらくはいいやと言った感じで敦子の担当編集者として忙しい日々を毎日送っていました。

食べる女

古着屋で働く広瀬アリス演じるありさは、飲み屋で出会った男性と酔った勢いで一夜を共にしてしまうというルーズっぷり。体目当てとわかっていながらも本意ではない関係を続けてしまう。男性から求められると断れない弱い一面がありました。

食べる女

中でも一番怖かったのが壇蜜が演じたバツイチの子持ちママ。上のオネェちゃんはママを気遣ってかワガママは一切言わずできた女の子。

弟の面倒もよく見てママの手を煩わせないしっかり者。だけにこれが痛々しすぎて泣けてくる。

そんな娘を思ってか久しぶりに家族でピクニックにお出かけすることに。家族3人でテクテク徒歩で公園でも向かっているのかと思いきや、向かった先は別れた旦那の家。

天気がいいからピクニックに一緒に出かけようと。驚く元旦那。新しい家族も持ち、いいかげんにしてくれと相手もせずに家の中へ。

寂しそうな子供の顔がやけに印象的でしたが、これ実際やられたらかなりの修羅場になること間違いなし。ちょっと痛い感じの女性でしたが壇蜜が演じるとしっくりくるというのは彼女の演技力が高いからなのでしょう。

これといった着地点はないですが・・・。

この手の作品は決まってエンディングにかけて何か盛り上がりがある、これまでのシーンが全て伏線になって最後に全てが回収される。というものは一切ないというのは冒頭から感じ取れました。

アイネクライネハトムジークも、特にこれといった盛り上がりもありませんでした。

彼女たちの恋愛エピソードを淡々と描いていく訳ですが、それはそれで最後まで見てしまう不思議な力がありました。

それも出演者が全て主演を張っている女優陣ばかりだったからでしょう。個々のエピソードを1本だけ取り上げても、作品として成立するものばかり。

特に沢尻エリカの恋愛エピソードはその後の展開ももっと見方。惜しまれる終わり方、というか尻切れトンボ感が僕の中にはありました。

スピンオフを期待したいところです・・・。