棚からぼた餅、山守組がさらに規模拡大「仁義なき戦い 代理戦争」

プレーヤーが増えて一気に面白くなるシリーズ3作目

1作目は山守組と土居組の死闘、2作目は村岡組と大友連合の死闘、そして3作目は、山守組、村岡組に加え、神戸の明石組も加わり、登場人物もかなり増え、話にもかなり厚みがまします。

仁義なき戦い3

いつの時代も跡目問題はモメごとの火だね

村岡組も組長が引退の意向を示し、跡継ぎに外部の山守組組長を指名。これが抗争の火種となることに。とここで驚いたのが、山守組組長の強運ぶり。小が大を飲むというのはまさしくこの事。ここに山守と村岡の連合による大所帯が誕生する訳です。

一気に優秀な子分達をその手に

山守組時代は、槇原(田中邦衛)位しか幹部らしい幹部はいなかったものの、合併したことで、村岡組の優秀な幹部、武田(小林旭)、松永(成田三樹夫)、江田(山城新伍)を抱える訳です。そして広能()も加わり、錚々たる顔ぶれに君臨する山守(金子信雄)」な訳です。

仁義なき戦い3

だまちゃいないぜ、反山守派

そんな山守を快く思っていないのが、打本組の組長。当時、西日本で一大勢力を築いていた明石組に助けを求め、山守の勢いをそぐことに成功。山守組と肩を並べる勢力になるまでに

で、代理戦争ってこと?

で、山守もニッチもサッチも行かない状況に陥り、武田(小林旭)を通じて神話会と手を組むことを決意。コレにより 打本組は明石組、山守組は神話会と代理戦争の構図が出来上がる訳です。