4年前のiPod touchの不便さも見方を変えればありかも

iPhoneで言えばiPhone4

世間では、iPhone6s発売で沸き立っていますが、自分には全くもって関係のない話。こんな思いはある意味、年中行事みたいなもの。

というのも、買い替える理由が見つからないから。では、どうしてiPod touch(第4世代)に固執するのか、その理由を紹介します。

強がっているな、こいつ的な理由もありますけど・・・

通信スピードがほどよく遅い

友人のiPhone6を見せてもらった時にまず驚いたのが、フェイスブックのタイムライン上で動画動いてること。

自分のiPod touchだとリンク先のURLしか乗っていないのに・・・

で、この便利さが自分にとってはよろしくない。観たい動画を見まくり見まくりで気づいたら、30分近くiPhoneとにらめっ子。このまま行くとスマホ中毒になるのは必至

通信が遅い、リンクURLをたどる、この行為が恐ろしく今の端末だと遅い。かれこれ30秒近くは待つ。となると必然的に、これぞと!!というものしか観なくなる。つまり、この時点で動画の取捨選択がなされているわけです。

我ながら、これはすごいと感じました。けして強がりではありませんけど・・・

衝動買いを抑制

知らない人も多いでしょうけど、アマゾンがなんとiOS7以降でないと使用不可となりました。これはさすがに痛い、iOS7が使える最新のiPod touchに代えようかと迷いましたが、しばらくするとスマホで注文しなくてもいいやとなりました。

てな訳で、注文はPCから。となると思い立ったらスマホで衝動買いという行為がなくなりました。

注文履歴を観るに、そのほとんどが迷いに迷って吟味して購入したものばかり。

我ながら、これはすごいと感じました。けして強がりではありませんけど・・・

LINEが遅いのも良い

LINEも購入当初はサクサクとメッセージが表示されていましたが、ここ最近はメッセージが表示されるのに1分ほど画面とにらめっ子状態

なので、必然的に相手へのレスも遅くなる。なので、周りからあいつはレスが遅い。しょうがない奴とレッテルを貼られ、もとい認められ、レスが遅くても、お叱りを受けることは皆無。

レスが遅いことで、友達関係にヒビが・・・なんて話も聞きますが、iPod touchのおかげで、そんな危機的状況にも陥らずにすみます。

我ながら、これはすごいと感じました。けして強がりではありませんけど・・・

不便は時として、いい方向に導いてくれる

高性能、高機能化は、その行為自体をよりカンタンに、便利にしてくれます。で、より時短化の方向に進むわけです。

これがどうも昭和生まれの自分としては合わずでして・・・

そんなに急いてどうするのと。仕事以外の時はゆっくりしようと思ったり

多少不便で時間がかかるなら、取捨選択すればいい。と、おのずと自分で判断する。頭を使うわけです。

あともう少しで、節目の5年目を迎えますが、まだまだ現役のiPod touch(第4世代)。この先もよろしくお願いします。