残業続きのリーマンでも、結果を知ることなく、W杯をがっつり観る、3つの方法

情報を一切、遮断

今回のワールドカップのLIVE中継のそのほとんどが深夜帯。ってなるとまず朝刊には掲載されないので安心だが、業務中に結果を知っちゃうことが多々ある。

w_4f4e00e77b4386dcc5ed0d83c11e2573_s

ネットであったり、夕刊、電車内のニュースなどなど。ネットについては、ホーム画面はGoogle。Yahooなら、Yahooニュースでアウト。夕刊はキヨスクが大敵。なので、視線を逸らす。で、電車内では電子広告が目に行かないよう、目線が上に行かないよう気をつけています。

録画の基本はLIVE中継

僕の場合、録画は基本的にLIVE中継にしています。LIVE中継じゃないと、あろうことか、アナウンサーが他の試合結果をポロリしちゃうことがあるんです。結果を事前に知りたくない僕にとっては、あまりにも残酷な仕打ち。なので、LIVE中継にこだわっているのです。

w_gi01a201406172000

試合観戦は倍速。

基本的にHDDに溜め込んでいるのですが、通常スピードで観ると2時間越えは当たり前。なので、視聴は倍速。1.3倍速であれば、1時間で見れちゃうので、試合観戦が捗る、捗る。

けど、通常のスピードで観ると、あまりにもプレーが緩慢すぎて、気持ち悪くなる位。慣れるのにちょいと時間が必要です。

まとめ

前回大会はダイジェストでしたが、なんか物足りない感じがして。ダイジェストには上がらない、興奮するようなプレーもありますし、次代を担う選手発掘も面白いんですようね。

という訳で、まだまだW杯期間は続きますが、寝不足にならずに、この期間を乗り切ってやろうと思う訳です。