働き方

今も続く氷河期時代のツケ

全世代が40代超え 氷河期世代とは一般的に1993年-2004年に学校を卒業した人達を指すようで、辛酸を嘗めた世代。 数百社にも及ぶエントリーシートを書いたのにどこからも内定を得ることができず、アルバイトやパート、契約社員など...
新商品・サービス

利他の精神も買わせるスイッチを押すことも

進まないワクチン接種に原監督登場 3回目のワクチン接種がなかなか進まないことを受けてか、最近著名人による接種呼びかけのCMをよく目にします。 おっと思ったのは青学の駅伝監督で有名な原監督のCM。メッセージには監督に関連したワー...
Blog 反省

悪気はないんだけど。不当表示判定で売上激減。クレベリン

クレベリンバカ売れに、消費者庁がまったの声 コロナが流行し始めの頃の2020年、大幸薬品のクレベリンがバカ売れしました。連日のようにCMも流れ、店頭では専用の什器に山積み。イチ消費者からみるとものすごい勢いを感じました。 とい...
新商品・サービス

畳み掛けるお得感についつい心が動いてすまう。通販番組の手法

特別価格でご提供の後に、今から30分間、特別価格の畳みかけ 通販番組でよく見るお得感のスペシャルコンボ。メーカー希望小売価格5万円から特別価格でさ4万円。ちょっとだけ興味を惹かせると、続いて今からの30分間の注文でさらに5千円引き。...
Blog 反省

巧妙に仕掛けられた松竹梅。確かに真ん中を選びがち

選択の数が多すぎると逆に決められない 行動経済学で唯一知っている事と言えば、数が多すぎると人は決められないというもの。 今回は11色のボディカラーをご用意と胸を張ってアピールするクルマのCMを見るたびに、現場のセールスはさぞ苦...
新商品・サービス

衝動買いも仕組まれた罠にまんまとはまった結果?ハロー効果&バンドワゴン効果&ヒューリスティクス

どうしてこんな買い物したの?と後で気づくけど 朝、弁当を買いにコンビニへ。脇目も振らず一直線で弁当売場に向かい、その足でレジへ。最短ルートでお会計もQR決済で済まし、お店を後に。入店から店を出るまでわずか30秒。 僕も含め、せ...
新商品・サービス

得をするより損が嫌。損失回避バイアス

深い、深すぎる行動経済学 消費者の購買行動に深く関係している行動経済学という考え方。ある法則性を見出して衝動ではなく、ある行動パターンにのかって行われているというもの。 無意識にモノを買っているけれど、深層心理のある◯◯に訴え...
新商品・サービス

オモロイ仕掛けで行動変容を起こす仕掛け学とは

手指の消毒をしてくれる人がわずか0.6%をどうにかしたい コロナ禍では当たり前となった手指の消毒ですが、コロナ禍前では習慣化されておらず、とある病院で調査した所、消毒された方はわずか0.6%。 消毒することは大事ですよと訴えて...
新商品・サービス

不便によって得られる益。不便商品ヒット

半生パンがバカ売れ。フジパン 不便によって得られる益という商品が、このコロナ禍で注目されているようです。 例えばフジパンから販売されているマイクラフトベーカリーという商品。見た目が真っ白なクロワッサンで明らかに調理途中と思わせ...
IT業界

行動経済学。そっと後押し「ナッジ理論」

ナッジ理論とは ナッジとは英語で「そっと後押し」という意味で、自発的な行動を促すという行動経済学の理論というもの。 これを聞いて思ったのがコンビニのトイレ。いつもきれいに使用してありがとうございますという壁に貼られた掲示物を見...
タイトルとURLをコピーしました