iTunesの引越しに丸一日にかかちゃった件。WinXPからWIN7編

WinxpからWin7への引越し

WinXPからWinXPへのiTunes引越しは、さほど苦労しなかったのに、今回のWin7への引越しを一苦労。何とか引越しには成功したので、簡単にまとめました。

バージョンは揃える。

引越し元となる、引越し先のiTunesのバージョンが揃っていないと引越しがうまくいかないようなので、引越し元のバージョンを最新のiTunes11.3.1.2に更新。

it_01 it_02

iTunesのデータ類の確認

設定>詳細で、データの保管先がわかります。僕の場合はFドライブ>MY music>iTunesにありました。が、たまりにたまったデータはなんと60GB。外付HDDに一旦コピーし、Win7へ引越しすることに。

it_03 it_05

Win7のデータ保存先を変更

初期設定ではCドライブでしたが、データ類はパーテーション分けしたDドライブに変更。で、こちらのファイルに上書きする形で、データを引越し。60GBあるので、全てが完了するまで30分ほど。

it_06 it_07

悲劇の始まり・・・。

データの引越しが完了し、iTunesを立ち上げる。が、表示されるのはデフォルトのまま。Bob Acriという知らないミュージシャンのサムネイル画像。やらかした・・・

it_08

試行錯誤の上、少々乱暴な技で解決。

CドライブにiTunesフォルダーを移動してみたり、もう一度、引越し元に「iTunes Media」フォルダーを整理にチェックを入れ、整理された状態のデータにして引越しを試みたり・・・。色々と試しましたが全てだめ。で、行き着いたのが少々乱暴な「iTunesに自動的に追加」フォルダーに、データを放り込むというもの。が、これが正解。

it_09

認証解除

最後に、引越し元の認証を解除して完了。それにしても、新しいことすると何かとトラブルに見舞われる昨今。事がスムーズに運ばないのは、日ごろの行いかが悪いからかも・・・。

it_10