鬼ごっこはなし。「ターミネーター4」

舞台は2018年の未来

未来からの刺客ターミネーターとジョン家族の鬼ごっこが本作品の醍醐味。シリーズを重ねるごとに進化したターミネーターが登場して、今回ばかりは無理でしょと思うも、何だかんだって言って勝手しまう。

結末はわかっちゃいるけど、待ってましたとばかりに喜んでしまう。そんな魅力に溢れたターミネーターシリーズですが、本作品では一切鬼ごっこはなし。

ちょっぴり残念な気持ちになりました。

抵抗軍ボス。ジョン・コナーの過去

今回は人類がロボットの本丸と言うべきスカイネットの拠点を攻撃するといもの。

追われるばかりではない。逆に追い込んでやるという訳で、主役は脂が乗りに乗ったジョン・コナー。

これまでのシリーズで語られていた人間側のリーダー、ジョン・コナーは、まだ抵抗軍のいち指揮官に過ぎず、抵抗軍のボスになる前。

軍の作戦に反対して、単独で人命救助を行うべくスカイネットの拠点に侵入。この行動が後にカリスマボスとして皆から尊敬される存在になっていくのでしょう。

派手な戦闘機でドンパチ

未来の世界を描いていることもあり、人間対ターミネーターによる肉弾戦はほぼなく、派手な戦闘機や輸送艦、要塞などなど世界観はスターウォーズを見ている感じ。

シリーズ1-3を見てきた者にとっては、ちょっと違和感を感じました。

シュワちゃんもちょい役で登場

スカイネットの拠点に侵入したジョン・コナー。目的は人命救護ですが、その中には自分の父親となる男も。

シリーズ1に登場した未来からやってきた彼です。顔が全然違うのは致し方ない気がしましたが、せめてジョン・コナーだけでも寄せてもらったら。

シリーズ3はどこか頼りなさげで隙だらけのキャラだったのに、シリーズ4のジョンは冷静沈着、聡明で腕っぷしもかなりもの。キャラが大きく変わっていました。

そんな中、安定のキャラぶりを発揮したのがシュワちゃん。まだ開発段階という設定ですが、冷徹で殺人マシーンの設定はそのまま。

思わずシリーズ1の極悪ターミネーターの時代を思い出しました。

シリーズ4で一旦終了か

シリーズ4までを俯瞰して見ると、これまで語られてきた未来の話が描かれたこともあり、本作品にて一旦終了なのでしょう。

シリーズ5となるジェネシスはこれから見ますが、恐らくこれまでの話とは全く異なるものとなってくるんでしょうね。

にしても、シリーズ1-3があんなに興奮させてくれたのに、ラストを飾るシリーズ4があの出来とは・・・。

ちょっと残念な感じがしました。