参考書も自作する時代。ノート共有アプリ「Clear」

今更ながら世界史を勉強したい

高校時代の鬼のように勉強した世界史。大手予備校の模試では自慢になりますが、全国でもそこそこの順位でした。

当時の世界史の先生がアタリだったことが大きい。この先生の自作の世界史資料がよくできていて、時系列に、その国の歴史を学ぶのに最適

ノートの数も5-6冊位に膨れ上がりましたが、今となっては貴重な参考書だったことに気づきます。

自作ノートは参考書に勝る

受験の時には何度も何度も参考書を見返しては、新しく学んだネタがあれば、書き加えたりなどして、ノートも日々アップデートされます。自分の学習レベルに寄り添うカタチでノートは成長していくので、自分自身にとっては最良の参考書にもなります。

なので、ノートを完璧に仕上げれば参考書なんぞ要らなくなるわけです。

見せびらかしたい衝動

自画自賛のノートを、友人に見せたくなる気持ちはいつの時代も一緒のようで、その想いを汲み取ったアプリが話題のようなので、記事にまとめてみました。

ノート共有アプリ「Clear」

キャプチャーを見ると、他人のノートが見放題。眺めているだけでもゾクゾクしてきます。

共有の仕掛けがいい

ノートをアップし続けるモチベーション喚起の仕掛けもきっちり備わっており、いいねをしたり、お気に入りの著者を登録したりもできるそうです。

国内のユーザー数は55万人。9割が中高生だそうで、現在、データベースには4万冊分のノートが蓄積されているそうです。

参考書にすればいいじゃん

行く行くは、いいねの数の多いノートを集めて書籍化して欲しい。久しく学校教育から離れているけれど、出版されれれば見て見たいと思います。

自分が学生時代にこんなサービスがあれば、良かったのにと現役学生はうらやましい限りです。

Clear-勉強ノートまとめアプリ
カテゴリ: , ソーシャルネットワーキング