男性も美容整形の時代へ

整形に対しての抵抗も和らぐ

ひと昔前なら、整形しようものなら非難轟々。親からもらった大事な顔をどうして否定するの?なんて具合に。

けど、テレビ番組等で、自ら整形したことを告白したり、韓国では整形は当たり前。悪いイメージはない。なんて聞くと、に対してのイメージも、そう悪くないと思いつつあります。

美容整形

男性も美容整形の時代へ

そもそも整形とは女性だけのものと思っていましたが、最近では男性の整形も増え始めているとか

あるビジネスパーソンの言葉がやけに胸に刺さりましたが、「プレゼンの中身も重要だが、外見もよくなきゃダメだ」と。

プレゼンの採点表に、プレセンターの見た目を評価する項目はないけれど、プレゼンターの表情、声のトーン、見た目も無意識に評価されているんだなという思う節があります。

それが事実であることを裏付けるこの証言。

他人事ではないな、身だしなみ位は気をつけないと反省しました。

プレゼン

患者数急増

整形の施術件数は約10年前に比べるとおよそ8倍まで増加。199年の164万件から2015年には1279万件とのこと。

施術の内訳は、外科手術ありなしに大きく別れ、圧倒的に外科手術なしが伸びており、手軽な整形に需要が集まっています。

しわ取りが圧倒的

テレビでIKKOさんが、しわ取りの施術を紹介していましたが、美容整形の中では、しわ取りが段取る。ボツリヌス毒素という注射を打つだけ。

メスを入れるとなると、ちょっと躊躇しますが、これなら後ろめたさなく受けられます。

他には頬などの形を整えるヒアルロン酸注射脱毛などが続きます。

加齢による頬のたるみを取り除いてくれたりするんでしょう。

しわ取り

気になるお値段は・・・

美容整形施術件数、世界NO.1のアメリカでは、低所得者層、年収300万円以下でも、1回数万円の美容整形を受けるなど、需要の高さが伺えます。

就職などに有利と踏んだのか、単なるモテたいというヨコシマな考えかわかりませんが、そこまでして美容整形に走るというのは、相当さしせまったものを感じます。

見方が変わった高須クリニック

テレビやCMでおなじみの高須クリニック

先生は新しい技術を身をもって体験することで知られます。最近驚いたのが6つに割れた腹筋の施術。

こんな整形受ける人のいるの?と思いましたが、この美容整形への関心の高まりを聞くに、ありえるかもに見方が変わりました。

と考えると、高須先生の先見の明と言いましょうか、時代を読む感覚とは凄いなと関心した次第です。

個人的にはありのまま

しわ取りだけで言えば、個人的にはしわがあってもいいのかなと。

歳相応ですし、自然の摂理でもありますし。肝心なのは中身。40にして老いを感じる昨今。

視力の落ち込みを何とか解消したい・・・

と僕みたいに昔のバイタリティを取り戻したいと思う40代も多いことでしょう。