複製防止。ブロックチェーンを使った真贋チェック。新たな価値が生まれるかも

Twitter創業者の初ツィートに約3億円

ツイートがお金になるという話だけでもビックリなのに、そのツィートが複製ではなく正真正銘の本物であることを証明書がついてるという。

これを可能にしたのが、ビットコインなどで使える技術、ブロックチェーンとのこと。

ブロックチェーン

ブロックチェーンが真贋チェックに使われる

デジタル資産は、簡単に複製できてしまうため、価値がつきにくいと思われていましたが、ブロックチェーンを使うことで、これが可能になるとのこと。

これを最近ではNFT(非代替性トークン)と呼んでいるようです。

で、このNFTが最近にわかに広がりを見せています。元NBA選手がダンクシュートの動画をNFTを使いオークションに出した所、約2000万円の値がつきました。

他にも、日本国内でも、あるアイドルグループのデジタル情報が、NFTとして仮想交換通貨交換業者の中で売買されています。

ブロックチェーン

デジタル資産に価値をつけた画期的な仕組み。NFT

この動きが本格化されれば、クリエイターにとっては大きな収益源にもなります。これまでは簡単に複製されてしまうため、そのモノ事態に価値はつきにくかったですが、証明書付となれば話は別。

例えば、限定販売ということでアーティストが楽曲を売買することも可能。カメラマンも証明書付で写真を販売することも可能になる。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は今後、さらに広がるかも

このNFTが存在することで、これまで仮想通貨技術として使われていたブロックチェーン技術が、他の用途にも広がっていくことが十分に考えられます。

既に決済事業者のポイント管理にも使っているという話もありますし・・・。

デジタル資産が投資対象に

NFTの普及は、デジタル資産が投資商品に化けるという可能性も秘めています。現在の仮想通貨がそうであるように、金余りでビットコインの価値は約10倍に跳ね上がるほど。

NFTで流通されるデジタル資産も、フリマアプリなどで売買される日がくるかもしれませんね。

証明書をつける手続きは大変でしょうが、手元にあるデジタル資産がとんでもない金額に跳ね上がることも十分に考えられるかなと。

この先を動向を注視していきたいと思います。

No tags for this post.