パートナーはGE。国内医療メーカー面目丸つぶれ

脳卒中の多い青森県

手足のしびれや、半身のマヒ、ろれつがまわらないなどの症状が事前にでるようで、脳の血管が一時的に詰まるために起こる。んで、青森県は全国で脳卒中が多い県としてカウントされている。

脳卒中

脳疾患を未然に防ぐために

弘前大学では10年間に1万人分のデータを収集。血圧にはじまり、脈拍、採血、歯科検診などなど。これらのデータを解析して、脳卒中との相関関係を発見し、予防診断ソフトの開発につなげるというもの。

パートナーはGE

この診断ソフトで、まずは青森県民の健康改善に役立て、さらに世界に展開していきたいようで、となるとパートナーとしては世界的に医療業界で実績のあるところと組みたい。んで、選らんだのが日本企業をさしおいて、アメリカのGEに白羽の矢が立つことに・・・

GE

医療業界では日本勢はまだまだという状況

医療業界で世界的な企業と言えば、、シーメンス、フィリップス。、シーメンスと聞くとインフラなどの重電系、フィリップスは家電が得意と思いきや、医療関連まで網羅しているのだから驚き。

一方の日本勢は東芝、日立が頑張っているものの、世界的な存在感ではまだまだと言った所。

成長著しい医療系だけども・・・。

富士フィルム、ソニー、キャノン系など医療系に進出する企業をよく耳にするけど、世界的プレーヤーと伍して戦うには、かなりの差がある模様。規制も厳しいようで、発展の疎外しているとの声も。

日経ビジネス NO.1767

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする