クルマも本格的に”つながる”の世界へ

クルマ 自動車業界

Gazooはどこいった?

トヨタ自動車が車載情報システム「T-CONECT」をこの夏に投入するということで、話題を集めています。これまで同様のサービスをG-BOOKというサービスで展開していましたが、機能を一新?して再スタートを切る模様です。

05_687a16a39381083cb2a4deccab487ccb_s

新たなサービスを創出するかも。

T-CONECTを使ったサービスで期待されているのが、保険分野。国内では市場規模3兆6千億円と言われており、さっそくニッセイ同和損害保険が2015年にサービスを展開する模様。

走った分だけお支払い

過去にソニー損保に加入していました。申し込み時に年間の走行距離を申告し、距離に応じて保険料が決まるという訳ですが、これが目算通りにはいかず超過してしまい、確か追加で支払ったような記憶が・・・。

週末ドライバーにはありがたい

T-CONECTであれば、走行情報をリアルタイムで計測し、毎月の保険料を1km単位の走行距離に応じて変動できる。しかも、その様子を専用アプリで確認できるというのだから、ドライバーにとっては大変助かります。

02_ad26344eff5fb442db325328585ad438_s

トヨタオリジナル自動車保険

となると、トヨタ車の大半にT-CONECTが標準装備されれば、自ずと距離連動の保険を利用できるわけで、保険会社各社も、T-CONECT専用保険とういのも続々と発表していくことでしょう。

将来的にはトヨタオリジナルの自動車保険なるものが出てくるのでは?ディーラーにとっては保険も大きな収益源。保険の商品力強化という視点は、さすがトヨタといった感じです。

日経ビジネスNO.1748より

コメント

タイトルとURLをコピーしました