脱炭素が追い風?石炭ではなく電気を使ってリサイクル。しかもピンポイントで効率的。マイクロ波

マイクロ波って何?

マイクロ波とは電子レンジで使われている加熱のレーザーみたいな奴。こやつの凄い所は、例えば飲み物を温める時にピンポイントで飲み物だけを温めるというもの。

確かにマグカップに入れたコーヒーなどは中はむちゃくちゃ熱いのに持ち手の所は手で持てるほど、ほどよい温度になっています。

電子レンジ

産業界で注目されるマイクロ波

このマイクロ波を使ったリサイクル装置を2014年に開発したマイクロ波化学は、この度三菱化学と提携してアクリル樹脂をマイクロ波を使ってリサイクルする実証実験に取り組んでいます。

アクリル樹脂とは、自動車のランプカバーであったり、水族館の水槽など幅広く使われている素材。

これまでは石炭火力を使ってリサイクル化していましたが、これが容器ごと熱を加えてしまうため、効率が非常に悪かった。かつ石炭を使うということで二酸化炭素の排出も多い。

一方、マイクロ波であれば、ピンポイントで加熱で行い、電気を使って熱を作るわけなので、効率的かつ二酸化炭素の排出も少ない。

水族館

三菱化学にとっても大きな武器になるかも

三菱化学は、そもそもアクリル樹脂の原料となる「MMA」で世界シェアトップを誇ります。今回のマイクロ波による実証実験で実用化に目処が立てば競争力もさらに高まるはず。

てなわけで、コストや品質、エネルギー消費量なども検証しながら、2024年にリサイクル工場を稼働させるべく今、準備を進めているようです。

原料を提供して、かつ再利用化まで面倒を見ることができれば、世界シェアトップも盤石なものになると思います。

脱炭素はビジネスとして大きな武器

マイクロ波を使ったリサイクル技術は注目度は非常に高く、マイクロ波化学の中の人いわく、数年前のペットボトルにリサイクル化と比較しても、大きな違いがあるとか。

ペットボトルの時は盛り上がりはすぐに収束したものの、今年に入ってからは、引き合いが途切れないとのことで、いかに脱炭素化がビジネスとして注目されていることが伺えます。

今はアクリル樹脂ですが、鉄鋼やセメント、ガラスなどの他の素材のリサイクルにもマイクロ波が使用できるようになれば、脱炭素化はさらに進むと共に、ビジネスとしてかなり有望とも言えます。

今年になってやたらと耳にする「脱炭素」。一時的なトレンドではなく、今後も継続して定着化していくことでしょう。

脱炭素

今回はリサイクルを切り口にした脱炭素ですが、今後は様々な切り口の「脱炭素化」技術が実用化されていくのでしょう。乗り遅れないように注視していきたいと思います。

No tags for this post.