再生可能エネルギーの雄、「太陽光発電」

2016年電力自由化に向けて

現在の大手電力会社による地域独占がなくなり、2016年から自由化となる電力。電力会社を選べる時代が、新聞と同じように読売、朝日、毎日、日経が選べる。しかも契約期間は半年。都度、契約継続の際にビール券やら巨人戦の観戦チケットをもらえたり・・・そんな時代が到来するのでしょうか・・・。

新規参入が急増

で、今現在、どんな感じなのかと言えば、新聞でも色々と騒がれていますが、太陽光発電が圧倒的。九州では、ちょっと待った事件が起き、ちょっとした事件にもなりました。

ちなみに新規参入組みは震災前に比べ約10倍とのこと。発電ビジネスがさも利益が出るビジネスに移ります・・・。

買取価格は下げ続けるけど大丈夫?

太陽光発電に限れば、ノウハウをかなり蓄えている会社もあり、結果的にコストダウンにも成功している感じ。なので買取価格が将来的に下がっても、きっちり利益を出せるとのたまう猛者もいるほど・・・。

電力自由化で望むこと

生活インフラ会社によるセット売りは魅力に映ります。東京ガスが早速、ガスと電力のセット売りを表明しているし、通信会社によるセット売りも考えられるでしょう。利用する側としては、支払い先も集約されるので、個人的にはセット売りを利用してみたいと思うわけです。

将来的には淘汰されるでしょうけど

今回の電力自由化における盛り上がりは、インターネット勃興期にも似ている感じがしてなりません。当時は、色々なサーバーレンタル会社が競うように、様々なサービスを仕掛けて参入しましたが、今となっては、数えるほどに淘汰されています。 太陽光発電ビジネスも企業の淘汰が進み、サービスも価格も洗練されていくんでしょうね。

日経ビジネス NO.1781