マックが24時間営業開始!位のインパクト?東証の夜間取引

株はやりませんけど・・・

よく耳にするお昼休みの株取引。貴重な睡眠タイムを副業に充てるなど、僕には考えられませんが、開店時間が15時までというのだから、いたし方ない。まるで、振込み手続きで長蛇の列をなす銀行のように見えて仕方ない。ネットでやればいいのにと僕なんか思うんですけどね・・・

e40e5d19ec2c91ab8dbb068b346c2701_s

朝起きたら、びっくり仰天

15時に東証が閉まった後、逆に欧米市場は取引が開始されるようです。東証が寝ている間に、海外では激しく取引が行われ、その結果に連動して日本株の値動きも変動。前日の終値から、フタをあけてみたら、エッ、こんなに下がったの、上がったのということが容易に想像がつきます。

to_c62b033a7b0c83227972158cd51ea61d_s

機関投資家は後向き

そもそも、この夜間取引ですが、私設取引システムが提供する夜間取引を見ると、15億円程度と東証の昼間をはるかに下回るそうで、イマイチ。加えて投資銀行などの機関投資家も「夜間取引は個人主体で、自分達には関係ない」とにべもない回答。

ネット専業証券は大歓迎

一方で、歓迎ムードはネット証券業界。個人売買の活性化につながるとかで、商売のチャンスとばかりに前のめり気味。当の個人投資家は歓迎と後ろ向きに別れる始末。

まとめ

個人的には、個人投資家による投資が増え、日本の株式市場が活性化されるのであれば、大賛成なのですが・・・・

日経ビジネスNO.1744より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする