ラブコメディですか・・・「パーフェクトプロファイラー命がけの恋愛」

韓国映画にハズレなし

これまで数十本、韓国映画を観てきましたが、どれもハズレ無し。

最近では、凶悪犯罪を扱ったチェイサー、ミステリ・サスペンス映画の少女は悪魔を待ちわびてが見応えありましたね。

どちらもよくある映画のフォーマット、ハッピーエンドに終わらない所が、意表をついていて良かったです。

という訳で、僕にとって韓国映画の期待値はものすごく高く、今回の作品もタイトルからして外れないと思ったのですが、シリスアス系ではなくラブコメディ感が強く、イマイチでした。

救いは主演のがキレイだったこと。相変わらず韓国の女優の方々がレベルが高い。作品そっちのけで、ずっと彼女に魅せられていました。

パーフェクトプロファイラー

作品のあらすじは

プロファイラーというタイトルですが、その要素はあまり頭に入ってこずで、連続殺人犯は誰かということ。この1点で話が展開していく感じです。

お約束の、この人犯人でしょう的な人がいて、実は、あの人が犯人でした。うぉーまんまと騙されたというのもちりばめられています。

パーフェクトプロファイラー

友達以上、恋人未満

主演のハ・ジウォンの学生時代からの友人は今も家に招き入れるほどの仲で、妹も公認の彼。

けど、残念なことに友達以上恋人未満の中途半端な関係。

お互い、一線を飛び越える勇気もなく、ダラダラと関係が続いています。

そんな所に現れたのが、FBIから送り込まれたエリート捜査官。

連続殺人事件解決に向けて、アメリカから遥々来日したとのこと。

で、そんなバリバリエリートの彼が、ハ・ジウォンに惚れてしまい、三角関係になってしまいます。

恋と犯人探しの並走

ハ・ジウォンのハートを誰が奪うのか、そして連続殺人事件の犯人は?ということで、話は展開していきます。

結果的にこの2つの話は、クライマックスでがっちゃんこして、事件も解決して、ハッピーエンドを迎えるのですが、最初に触れた通り、作品の中身としてはハズレた感満載でした。

パーフェクトプロファイラー

勝手にストーリーを変えてみる

この作品を僕なりにアレンジするならば、もっとシリアスな感じにまとめて、恋愛話は一切なしという方向。

犯人もまさか、あの人が・・・という展開にしますね。

んで、もっとプロファイラー的な要素をガッツリ盛り込んで、彼女が分析をしていくと犯人Aが浮上。それを影で支える同級生。色々と情報提供してくれて、彼女自身大助かり。いつしか二人は恋に落ち、恋愛は成就するものの、実は犯人は同級生だった・・・。なんて展開だったら面白かったのにと思った次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする