今回も大当たり。韓国映画「少女は悪魔を待ちわびて」

短絡的な予想に鉄槌

連続殺人犯の疑いがかけられていたものの、証拠不十分でそのほとんどが無罪判決。が、恋人を殺害した事件だけは有罪となり、懲役15年の実刑を言い渡された

この連続殺人の被害者の中には彼を捜査中に命を落とした刑事さんもいました。

後輩刑事はこの判決を不服とし、裁判所で、その犯人に殴りかかり出所したら、死刑にしてやると息巻いていました。

で、思いました。この犯人が出所後に、新たな事件を引き起こし無罪判決だった事件の実は犯人だったと。

けど、そこは韓国映画。素人の考えつかないスートーリー展開で、エンディングまでずっと前のめり状態でした。

彼女は悪魔を待ちわびて

えっ、本当にこいつ犯人じゃないかも

この犯人の出所と同タイミングで、奇怪な殺人事件が連続して起きます。

出所後もずっと彼のことをマークしていた刑事さんもこれにはビックリ。どうすれば人殺しができるのかと。

というのも、この殺人事件は全く別の犯人の仕業だったのです。

しかも、この犯人が連続殺人犯と親友同士。動機は再び連続殺人犯を刑務所に入れること。罪をなすりつけるために犯行に及んだとしか思えません。

となると、連続殺人犯は、この親友の仕業?と思い始めました。

彼女は悪魔を待ちわびて

一番の驚きは復讐に燃える娘

15年前に父をなくした娘。当時は5歳位。それが今では大人になり、彼の出所で次なる標的になるのかと心配しまいしたが、全くの逆。

彼女は15年間、彼を忘れることなく出所したら殺してやろうと入念な計画を立てていたのです。

どこで訓練を受けたのか、戦闘能力は成人男性を軽く上回るほどの腕。

連続殺人犯&その親友VS娘の壮絶なバトルに話が進んでいきます。

彼女は悪魔を待ちわびて

クレバーな娘の犯行

恐らく彼女の父を殺害したのは、この連続殺人犯の友人でしょう。

早くから、この連続殺人事件は2人による犯行と見抜き、2人とも料理してやろうと、まずは親友がその餌食となります。

その殺し方もかなり手の込んだやり方で、小型爆弾的なものを使い瞬殺。

そこで終わらせればいいのに、その足で連続殺人犯の元に行き寝込みを襲うという大胆な行動に出ます。

ほぼほぼ息の根を止めることができ、彼女の宿願がここに達成されることになったのですが・・・

そう来たか、まさかのエンディング

昼間は、礼儀正しく誰にでも笑顔を振り向けるいい娘なのですが、夜になると男性顔向けの殺し屋に変身。

同じ署内にいる刑事さんも、まさか彼女がと思っていました。

彼女も当然、最後まで逃げ通せるなどとは思っておらず、自分の罪は償わないといけないと感じており、その答えがエンディングになるわけですが、この演出にも、さすが韓国映画だと思いましたね。

見る側の予想超える展開の連続にまた韓国映画の魅力を深めた次第です