情報監視社会って怖っ「エネミーオブアメリカ」

今から20年前の作品とは思えません

まだGoogleなど存在せず、アマゾンがちょうど成長軌道にのりかけた頃。ましてやYou TubeやSNSが存在していない頃のお話です。

描かれている内容はと言えば、個人の行動全てが政府に全て筒抜けだよというもの。

衛生カメラを使い、国民の動きを監視し、家に設置した監視カメラでその様子全てが遠く離れた場所でも見れてしまう。

技術が発達した今なら、さもありなんと言った感じですが、当時はまだ通信環境はプアな状況。

のに、そんな未来の世界を描いてしまうハリウッドの人たちの想像力とは凄いなとあらためて関心した次第です。

政府を怒らせたらとんでもないことに

作品のあらすじは、とある議員の暗殺の一部始終が録画されたデータをめぐり、国が血眼になって、奪いに行くという話。

殺しもいとわない、なりふり構わないやり口に、国を怒らせたら怖いなとゾッとしました。

ハッキングで何でもありの恐ろしさ

そもそもは、この映像データは野鳥の様子を記録するために撮影されたもので、偶然にも暗殺の様子が撮影されていたのです。

撮影者は、この様子を見てビックリ。さらに驚くことに政府側でもこの撮影者を既に特定しており、特殊部隊を彼の家に送り込みます。

この特定の方法が、これまた凄い。現場に居合わせた彼のクルマのナンバーから本人を特定。すぐさま携帯電話をハッキングして、通話内容を確認

ちょうど友人にスクープネタが取れたという話が傍受されてしまったのです。

撮影した本人も、特殊部隊が自宅まで押し入っていることにすぐに家を後にします。

が、この逃走も衛生カメラでばっちり撮影され、振り切りることは叶わず、途中で偶然出会ったウィル・スミスに映像データを渡し、結局命を落とすことに。

飛んだとばっちりのウィル・スミス

飛んだ爆弾を渡されたウィル・スミス。今度は彼が政府から狙われる対象となったのです。

家には盗撮用のカメラが仕込まれ、靴や時計、ペンなどあらゆるものに小型GPSが埋め込まれ、彼の行動は丸裸。

政府の手から逃げ切ることができるのかが、本作品の楽しみといったところでしょう。

アンジャッシュのコントじゃん

最後の顛末はネタバレになるので、詳細は触れませんが、冒頭の伏線を見事に回収して、その話とこの話がくっつくのねというのがわかります。

その様子に、アンジャッシュのすれ違いコントを想起することでしょう。

とにもかくにもあっとゆう間の2時間です。ぜひご覧ください。