このサービス使ってみたい「the ホリデー」

Airbnbより先言ってるサービス

この作品の話の要とも言える自宅交換サービス。実際にあるかどうかわかりませんが、実際にあったら試したいですね。

このサービスがよく考えられていて、長期ヴァカンスともなれば、お家を空けますよね。それがクリスマスや年末年始などの世界的なイベントが集中していれば、お互いがの話がまとまればお家の交換が成立します。

この作品では、米国住まいのキャメロン・ディアスが英国へ。英国住まいのケイト・ウィンスレットが米国へ。互いの利害が一致したのでお家交換が成立。

加えてお互い傷心旅行という点も一緒でした。

主なあらすじ

映画の予告編映像制作の会社社長、キャメロン・ディアスは夫とはしばらくセックスレスが続くなど夫婦生活がスレ違い状態。そんな矢先に夫の浮気を知り大激怒。即離婚を決意し、このモヤモヤした気持ちの整理をすべく旅に出ることにします。

一方、ケイト・ウィンスレットは、新聞社に勤める優秀なライター。社のクリスマスパーティの時に3年間付き合っていた彼の結婚を知り失意のドン底に。

彼女も結婚する彼への思いを断ち切るべく旅に出ることにするのです。

ジュード・ロウは反則すぎる

ケイト・ウィンスレットの自宅まで無事辿り着いたキャメロン・ディアス。娯楽、ショッピングに事欠かない自宅と異なり、宿泊先は何もないようなど田舎。

着いて6時間で帰国することを決意し、荷物をまとめてみると玄関のチャイムが鳴りドアを開けてみると、ビックリする位のイケメンが家に上がらせてくれと懇願。

ホリデー,映画

こちらケイト・ウィンスレットの兄役のジュード・ロウ。同性から見ても何んてハンサムなんだろうと惚れぼれするほどのマスク。

キャメロン・ディアスもあまりのイケメンぶりに不信感よりも、性欲が優り出会って数分でベットイン。お互い深入りしなように注意していたのに、ドンドンとのめりこんでいきます。

ジャック・ブラックはありかも

一方のケイト・ウィンスレットはと言えば、まずキャメロン・ディアス邸っぷりにビックリ。お城のような住まいに、お庭にはプール。全自動でシャッターが閉まり、この上ないセレブ暮らしを満喫します。

で、こちらも新しい恋の予感が芽生えます。お相手はキャメロン・ディアスの仕事仲間のジャック・ブラック。

お家に招いたり、料理を作って上げたり、時にはジャック・ブラックの恋の悩みに聞いてあげたり・・・

ホリデー,映画

ジャック・ブラックが失恋すると、お互いの距離は急速に縮まり、あともう一歩でお付き合い成立というところで、元カノからの復縁連絡・・・

ケイト・ウィンスレットとっては短期間に2度の失礼を経験するという苦い思い出に・・・

着地点はハッピィエンド

旅先で恋が芽生えるというのは素敵なこと。けど、その旅行が終わったらどうなる?先々を考えると、中々踏み込めない。が、そんなもの関係あるかいと、軽々と飛び越える威勢の良さが二人から感じられました。女子は強い。