泣けた、兄弟愛。「手紙」

泥棒に入っただけなのに

小さい時に両親に失い兄弟二人で極貧生活。家計を支えていくため、ハードワークの運送業に勤めるも腰を患ってしまいほぼ失業状態。

けど、弟の夢でもある大学進学を叶えてあげたい。消費者金融という手もありますが、かなり逼迫していたのでしょう。何故か犯罪に手を染めてしまいます。

裕福そうなお家に忍び込み、タンスから現金を奪い、ここまでは首尾よく事は進んでいたものの、家を後にする間際に、帰ってきた住人と鉢合わせ。

切ばさみを手にした住人と揉み合いとなり、不運にも切ばさみが住人の胸に刺さり帰らぬ人に。

お兄ちゃんも殺す意図など全くなくただ、見逃してくれよと懇願していただけなのに、事態はあらぬ方向に進み、無期懲役の罰に処せられます。

この事件をきっかけに、この兄弟に不幸の連鎖が始まるのでした。

手紙映画

大学進学を諦めてからというものの

兄の逮捕により、大学進学を諦めたを直貴は、アパートを追い出され住み込みの工場に就職。

周囲には兄が犯罪者であることを隠していたものの、兄から手紙を仕事仲間に見られ、兄が犯罪者であることが露見。

手紙,映画

この先、工場に勤めてるというのも難しくなり、夢でもあったお笑い芸人を目指し、東京への状況を決意します。

犯罪者呼ばわりの人生

ショーパブ的なお店でステージを重ね評判が評判を呼び、お笑い番組への出現をゲット。

番組の出演をきっかけにお笑い芸人として成功を収めます。

工場勤務の際に「こんな所でくすぶるな、夢をおいかけろ」と後押ししてくれた上司も、さぞ鼻高々だったでしょう。

手紙,映画

と同時に、結婚も視野に入れた彼女もできしあわせのピークを迎えます。

ところが、犯罪者の弟という黒歴史は消し去ることはできず、ネットでこの事実が書き込まれるようになり、世間に知られることとなります。

相方のことを思い大好きだった芸人をやめ、彼女とのお付き合いも親からの強烈な反対に合い、交際解消を余儀なくされます。

度重なる不運に、直貴の心も折れ、やがて唯一の家族でもある兄を遠ざけるように。兄に手紙を書くことをやめてしまったのです。

手紙,映画

影で支える同郷の沢尻エリカ

そんなドン底の彼を影で支えたのが演じる由美子でした。

彼とは地元の工場勤務からのつきあいで、彼に弁当を作ってあげたり、手編みの手袋をプレゼントしたり、彼に好意を寄せていました。

ところが直貴の態度とは言えば、俺にかかわらないでくれと冷たくする一方。

とは言うものの、メンタルの強い由美子は引き下がるどころか、彼の上京を機に自分も上京。彼のバイト先のバーにまで顔出すほど積極的な行動に出ます。

やがて何もかも失った彼は、彼女に対して心を開くようになり、良き相談相手となり、やがて人生の伴侶となるのですが・・・・

手紙,映画

やっぱり兄弟に涙

兄との関係を断絶した直貴。その関係を修復しようと頑張る由美子。最後は、心から兄弟愛ってこんなに深いのかと気付かされるシーンが待っています。

弟を思う兄、兄を思う弟の両者の心が通い合う瞬間が訪れます。

最後はとにかく泣けます。

手紙,映画