浅野忠信の汚れっぷりが印象的。「私の男」

ながら見では難解不能

この作品、スマホ見ながら見ていたため、内容がイマイチ頭に入ってこず、ネットであらためておさらい。

で、気付きました。かなり衝撃的な作品であって、伏線がこまかーく張り巡らされていたことを。

なので、映画を見る前に、ネタばらし的なブログを先に見ておくことをおすすめします。本来なら見る前のネタバレだと面白さが半減してしまいますが、この作品は別。

あらかじめあらすじを知っていても、ついていくのがやっと。

ながら見はなんぞはまず無理です。ご注意ください。

主なあらすじ

北海道で起きた大地震で震災孤児となってしまった女の子を独り身の男が養女として引取り、家族として暮らしていくというお話。

が、この2人、血が繋がっていないのをいいことに、家族という一線を飛び越え、男女という関係に発展していくというもの。

お互いの心に空いた穴を互いの愛情を埋めるうちに、そのようになってしまった。ある意味必然的な流れとも見て取れます。

殺人事件勃発

只ならぬ親子関係で度肝を抜かれ、続いては殺人事件と矢継ぎ早に衝撃的なイベントが繰り出されます。

花が独り身の男性と暮らすようになり、その2人を陰ながら応援していた近所のおじさん。おじさん的には、しぶしぶ2人が親子関係になるのを認めたものの、ある日、2人が交わっている所に偶然にも遭遇してしまい、花ちゃんはちゃんとした親子の元に預けようと早速段取ります。

が、これに猛反発した花は、おじいちゃんと口論となり、独り身の男のそばにいることを強く主張。

で、おじいちゃんはその口論の後に・・・・

警察は事件ではなく、事故ということでこの件を処理し、花の犯行はおやけに出ることはなかったのですが・・・

本気の殺人事件勃発

田舎というのは狭いもので、2人の関係がどうも怪しすぎる。もしかしたら、ふしだらな関係にあるのでは?と勘ぐる人も出始め、2人して引っ越すこととなります。

2人でアパート暮らしをし始めるのですが、ある日、刑事を名乗る男が訪問。北海道のおじいちゃんの件で、あれは事故ではなく殺人事件だったということで、花に話を聞きたいと

これはまずいと思った独り身の男性は、その場で彼を刺殺。

口封じに成功はしたわけです。

最後は花の変容ぶり

あんなに独り身の男を愛しいたのに、次第に情緒不安定の独り身の男性から距離を置くように最終的には違う男と結婚することに。

まぁ、そのまま言っても、お父さんと結婚というのはありえないのですが・・・。

で、独り身の男はと言えば、どんどん精神的に支えの娘?、恋人?を失うこととなり、どんどんと精神的におかしくなり家はゴミ屋敷みたいに汚くなるし、花の彼氏に対してセクハラを働く等、奇行が目立つようになりました。

で、この先どうなるこの2人?って気になるところで終わっちゃいます。原作を読んでみたいと思う作品でした。