ヤンキー×OL。設定だけ見る価値あり「地獄の花園」

地獄の花園 日本映画

OLの派閥争いってソッチ

OLの派閥争いというのはよく聞くけど、本作のそれは陰湿さとほど遠くガチンコの力と力の勝負。

成人にもなれば昔話と語られ、人によってはふせたくなるような黒歴史。なのに会社という組織をバックに日夜、社内の派閥争いが繰り広げられている。

狂犬こと川栄李奈、ムショ帰りの大島美幸、悪魔と異名を持つ菜々緒。つけられたキャッチフレーズだけでも強者揃いという感じはしますが、この群雄割拠を制したのが中途採用の広瀬アリス。

一匹狼で、意気がるボス連中をあっさりとしばきあげ、まるで漫画のようなスマートな成り上がりっぷりで見ている側も爽快。

けど、心配なのはこれでめでだし、めでだしという不安。開始1時間も立っていないのに派閥抗争は終焉し、会社は平穏そのもの。どうなるんだい、この後はと思ったらしっかり用意されていました。

企業間抗争勃発

広瀬アリスの漫画主人公ばりに強さが瞬く間にOL界隈で広がり、次々と喧嘩をふっかけてくる輩が続出。

ファーストサマーウイカもその一人。本作では一番のはまり役に見えましたが、広瀬アリスの前では小物同然。あっさりとしばきあげられてしまい、もう少し出演時間を長くしてもいいのでは思った位。

そうこうしている内にOL界隈で最強と呼ばれるある会社から挑戦状をたたきつけられることになったのです。

少ボス、中ボス、大ボスの3段構え

最強だけあって、ヒエラルキーがしっかりしているというのがこれまたヤンキー漫画をしっかりとトレースしている点。

話の流れから行けば、小ボス、中ボスをクリアし、大ボスとは接戦の上、勝利というのが王道ですが、まさかの小ボスにKOを食らってしまいます。

最強の名を欲しいままにした広瀬アリスでしたが、天下取りという点ではまだまだ実力が伴っていなかったようです。

まさかあなたがOL界最強だったとは

この敗戦を悔しさにさらなる成長を目指して修行に出る広瀬アリス。これもまたヒーロー漫画でよくあるパターン。過酷な修行を重ねてリベンジを果たすという展開。

どこかヒーロー漫画を揶揄しているようにも見えますが、とことん最後まで楽しめます。

最後の大どんでん返しには、これぞヒーロー漫画というのが待っています。ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました