WiMAXからドコモWiFi L-02Fに乗りかえた3つの理由

5年をも長い付き合いだったWiMAX

まだ世間では、ガラケーが幅を利かせていた2011年からお世話になっていたWiMAX。iPod touchの購入をきっかけに利用し始めした。当時はNEC製のAterm3500。買った当初はすこぶる調子は良かったのですが・・・

do_index

家中と家外も1台でOKは節約に大変重宝

家のPCもiPod touchも通信はこれ1台。PCのプロバイダー費5,0000円が3,000円弱まで落ち大変助かり。あの頃はすげー良かったのに

スマホ普及でつながりにくく。

様子が変わったのが2年目。iPod touchがつながりにくくなる。スマホ普及、WiMAXの加入者増など考えられる原因はいくつかあるけど通勤時はほとんどネットに繋がらず、イライラが募るばかり

do_PAK42_syachikunoannei1323500-thumb-500xauto-3852

電池の減りが早すぎる

それと電源をONにした状態のままで1日を過ごすと夕方には電池残量がほぼなし。なので、帰宅してからの充電が、ほぼマストとなり、これはこれで結構面倒。忘れた日には陸の孤島状態。

極めつけは特典の期限切れ

3,000円の利用料金も、2年間の期限ものだったこともあり、3年目から4,000円。WiMAXと直接契約に切り替え、機種もAterm3600機種変。ただ状況はさして好転せず、むしろ繋がりにくさは日に日に増すばかり。

で、そんな時に、ドコモのWiFi広告を見てこれだと。料金は3,000円弱で、しかも3G併用。となれば、繋がりにくいイライラも少しは解消されるだろうと。

乗り換えて正解

僕が選んだドコモのWiFiルータはLG製のL-02F。通勤時に必ずと言っていいほど繋がらない間の東京駅、秋葉原駅でもすこぶる絶好調。極めつけはWiMAXではほぼ全滅のド田舎でも、3Gですがしっかりとつながる。リアルタイムでインスタグラムの写真を送れたり、Vineの投稿もOK。常時接続って何て素晴らしいんだろうと、あらためて感動。

do_images

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする