iTunes経由せずにDropboxで音楽ファイルをダウンロード&再生

Androidはラクなのに・・・

動画ファイル、音楽ファイルをスマホに追加したい。

AndroidならPCとスマホをケーブルで繋げばカンタンに転送できます。SDカードならもっと手間はかかりません。

それがiPhoneときたら、イチイチiTunesを開かないと転送できないし、iTunesにファイルを追加したのに一覧に追加表示されないし。

なので、iPhoneからAndroidへの乗り換えを考えてみたり。

けど、だったらカンタンにダウンロードと再生できることを発見しましたので紹介したいと思います。

itunes

Dropboxに音楽ファイルを保存

PCで録音したラジオ番組の音声ファイルをDropboxに保存。

iPhoneのDropboxアプリを立ち上げ同期されていることを確認します。

dropbox

「オフラインアクセス」を許可

ファイル名の右側のチェックをクリック。

dropbox

メニューのオフラインアクセスを許可を選択。

これでファイルのダウンロードが始まります。

dropbox

再生はDropboxで

ダウンロードが完了したら、オフライン状態でも聴くことができます。

これなら通信環境が貧弱で聴けないかもという心配もありません。

再生はDropbox内で再生してくれます。

dropbox

時間がない時に重宝

これでiPhoneでもサクッと音声ファイルやら動画ファイルが追加できます。

例えば仕事などで試写用用の映像を出かける前にDropboxに動画を挙げて、移動時間内でファイルをダウンロード。こうすれば出かける直前に作業をすれば済みます。

iTunes経由だとこうもスムーズには行きません。

何度これで打ち合わせ時間に遅刻したことか。

時間がない時には大変重宝します。

気をつけたいBluetoothでの使用

気をつけたいのがBluetoothでの再生。

例えばジョギングであったり、クルマで聴く場合、Bluetoothを使う方は多いと思いますが、Dropboxとの相性が悪いのか頻繁に通信が途切れ、無音状態が数秒続きます。

僕の端末まはたはカーオディオに原因があるかもしれませんが・・・

まとめ

今ではストリーミングサービスが全盛で、端末にダウンロードなんて古いかもしれませんが、田舎の通信環境はまだまだ貧弱でして、とてもストリーミングの音楽サービスをフルで楽しめません。

となると端末にダウロンドーして聴く、観るが確実です。

この操作法を知ってからというもの、Dropbox中はラジオ番組ファイルがばかりで20GBの容量が逼迫。持て余していたDropboxの使い道ができて助かっています。