これだけは抑えておきたい。PPTのマスタページづくり

ひな型があった方が作業もはかどる

パワーポイントを月に2-3回しか使わない自分にとっても、何度もいちからページ作成はしんどい。

なので、必要最低限の要素を網羅したマスターページをつくってみました。備忘録として作業の流れをカンタンに説明します。

表示>スライドマスターを開く。

マスターページのはじめの一歩はスライドマスターから。表示>スライドマスターを選択

パワーポイント マスターページ

親スライド、子スライドが表示されます。例えば親の文字サイズを変えれば、子もそのサイズに変更されます。

パワーポイント マスターページ

フォントを変更

フォントを一斉に変更します。書式>フォントを選択し、メイリオにします。

パワーポイント マスターページ

全てのマスターがメイリオに変更されました。

パワーポイント マスターページ

背景色の変更

次は背景色です。ベタ塗りからグラーデションなど様々な背景があらかじめ用意されています。

パワーポイント マスターページ

ページ番号の表示

挿入から>#(シャープ)マークを選択します。こちらがページ番号です。

パワーポイント マスターページ

ヘッダーとフッターウィンドウのスライド番号(ブログ内ではページ番号としています)にチェックを入れます。

パワーポイント マスターページ

マスターページを使ってみる

フォント変更、背景色変更、ページ番号を挿入したマスターページを使う際は、「新しいスライド」を選択。

パワーポイント マスターページ

そうすると、様々なレイアウトのスライドが表示されますので、お好きなものをチョイスしてください。

内容によって、レイアウトを使い分けることも、いともカンタンに出来ちゃいます。

オリジナルマスターページを使いまわす

ここまで設定したマスターページを最後に保存します。ここで保存を忘れてしまうと、次回からいちから作り直さないといけなくなりますので、必ず最後に保存しましょう。

パワーポイント マスターページ