つながるクルマで一役。NTTグループ

クルマ 通信 Blog 反省

トヨタとNTTが提携に驚き

自動運転、つながるクルマなどなど、100年に1度の大変革期とも言われる自動車産業。Google、AppleなどなどIT企業もこの分野に進出し、これまで以上に競争が厳しくなっています。

自動車業界でも自前ではもう限界ですとばかりに、異業種と手を組んでこの難局を乗り切ろうという動きが活発になっています。

特に個人的に驚いたのがトヨタが白羽の矢を立てた先。その相手こそ国内では絶対王者のNTT。GoogleやAppleに比べると先進性、技術革新という点で、これといった成果を挙げていないのに何故?

ホンダのようにソニーやGoogleに、その道で技術力が高く評価されている企業をなぜ選ばなかったのかと・・・。

スムーズな通信網構築。目のつけどころが斜め上に行っています

トヨタのNTTの提携は、スマートシティ、ウーブン・シティにおける社会基盤づくりが中心。この街で実証実験を繰り返し、実用化を目指していくというもの。

その中で、目指したのがスムーズな通信網。膨大なデータ量を極力抑えて送受信のスピードを確保するというもの。

この通信網における技術革新こそが、これからのクルマ社会の肝と踏んだのでしょう。

自動運転にしろ、つながるクルマにしろ、膨大な情報を常に処理し続け、しかもスピードが命。優れた技術を持っていても、肝心の通信網に乗せた時にスムーズに稼働しなければ宝の持ち腐れとなります。

と考えると固定電話、携帯電話、国際電話などなど、巨大なインフラを持つNTTと組んだ方が間違いないはない。

トヨタの目のつけどころは、他社の考える斜め上を行っている感じがしました。

手始めのサービスは、驚きは特にないけれど・・・。

ウーブンシティきっかけで始まったNTTとの取り組みですが、他にも走行情報とドライバー&同乗者の属性情報を元に、レコメンド情報を提供をクルマに送る実証実験が始められています。

行く行くはカーナビにこの機能を盛り込むようです。スマホなどでもこの手を情報はカンタンに入手できてしまうことを考えると特に驚きは感じませんけど・・・。

個人的にはドライバー間で情報をやりとりできるといいですね。例えばリアルタイムで相手の走行中の映像が見れちゃうとか。これを可能にすれば擬似的な観光ドライブということもできちゃいます。

他にもトラックドライバーが、納品先に走行中のデータを送り、今この辺走っていますが、どの辺ですかとナビゲートできちゃったり。

今後の技術革新に興味津津です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました