ロリポップからエックサーバーにお引越し

ロリポップ上での下準備

停止中のプラグインは全て削除。これは引っ越し用データを軽くするため。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

次にデータベースの出力です。ロリポップの会員ページより

Webツール>データベースを選択。表示された画面の操作するを選択

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

続いてphpMyadminを開くを選択。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

開いたphpMyAdminでエクスポ-トを選択します。 ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

ここまでがロリポップ上のデータベースのエクスポートのお話。ここまではつまづかずに何とかできました。

次にPHPのバージョン合わせのお話。エックスサーバーでは、バージョン5.3を推奨しています。ので、ロリポップ上で、PHPのバージョンを5.3にします。

ロリポップ専用ページからWebツール>PHPを選択。

バージョンを5.3(CGI)に変更します。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

このようにロリップサーバーでの主な作業はデータベースのエクスポートPHPのバージョン設定の2点です。

エックスサーバーの設定

無料お試しを10日間を利用してサーバーを契約。申し込みが完了するとメールでサーバー情報が送られてきます。で、とりあえずこちらをメモ帳などにコピペして残しておきます。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

エックスサーバーのサーバーパネルからドメイン設定を選択。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

ロリポップの時に使っていたドメインを入力してドメインの追加(確認)ボタンをクリック。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

続いてPHPのバージョンをエックスサーバー推奨の5.3.3に変更します。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

WordPressのインストールは、自動インストールを選択し、プログラムのインストールを選択。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

WordPressを選択。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

必要事項を入力して、インストール(確認)→インストール(確定)の流れを踏んで完了となります。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

ここまでがエックサーバーの契約→ドメイン登録→WordPressインストールまでの流れです。

ここまでは順調に進めました。

データベースのインポート作業

続いてロリポップサーバーでエクスポートしたデータベースをエックスサーバーにインポートします。

エックスサーバーのサーバーパネルからphpmyadmin(MySQL5.5)を選択

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

WordPressをインストールしてできたデータベースを選択。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

全てのファイルを選択して削除を選択します。

これからエクスポートしたデータをここにインポートするのでデータベース内を空にします。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

で、エックスサーバーのphpMyAdminからインポートを選択し、ロリポップからエクスポートしたファイルを選択します。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

が、ここで初めてのつまずき。ググッたら解決しました。下記のコードを消したら、すんなりインポートできました。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

WordPressデータの引っ越し

データベースのインポートが無事終了したら今度はWordPressのデータの引っ越し作業。

FTPソフトを使い、WordPressデータをまずはローカルにコピペ

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

ダウンロードする時は暗号化なしにして置くとダウンロード途中でエラーが起きません。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

無事全てをダウンロードしたら、以下のファイルを書き換えます。

htaccessの書き換え

ローカルに落としたWordPressデータを今度はエックスサーバーにアップロードします。

public_htmlの中に、WordPressフォルダーを放り込めばOKです。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

ここで注意して欲しいのが、僕の場合、public_html/wordpressとなるため、URL表示がcharizm0407.com/wordpressとなります。が、これが後々面倒なことになるので、最終的には、public_htmlの中にWordPressデータ一式を放り込むことにしました。

これであればURL表示もcharizm0407.comとなります。

ロリポップとエックスサーバーではディクレトリー構造が若干異なると思います。

で、無事、エックスサーバーにWordPressデータのアップロードが完了したら、htaccessの編集です。

私の場合、WordPressフォルダー(WordPressのデータを一式格納したフォルダー)の中とWordPressフォルダーの外の2箇所にhtaccessが存在していました。

ので、WordPressフォルダーの外にいるhtaccessを削除。

WordPress内のhtaccessを下記のように書き換えました。

これでhtaccessに関する修正は完了です。

wpconfigファイルの編集

まずデータベース情報がロリポップのままなので、エックスサーバー用に編集します。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

続いて、WP_SITEURL、WP_HOMEの情報も書き換えます。

変更前

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

変更後

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

これでwp-config.phpの編集は完了です。

ロリポップからエックサーバーへの引っ越しはググると結講出てきましたが、SITEURLとHOMEの更新についてはあまり触れておらず、この件はかなり手こずりました。

引っ越ししたかどうかの確認方法

hostsというファイルを編集して、エックスサーバーに引っ越しされたどうかを確認できます。

hostsの場所はこちら

windows/System32/drivers/etc

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

OSによって保存場所が異なるので気をつけてください。ちなみに僕はWin7です。

hostsを開き、エックスサーバーのIPアドレスを追加します。

サーバーパネル>サーバー情報>IPアドレスで確認できます。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

このIPアドレスをhostsにコピペします。

ロリポップ,エックスサーバー,引っ越し

最後に

上記内容で正しく表示されるよであればOKです。

他に引っ越し後に、URLのcharizm0407.comを入力しても404表示がされますが、URLに管理画面のディレクトリーを足したりしたら、無事閲覧できました。引っ越し直後は不安定なのでしょうか・・・

とにかくエックスサーバーに引っ越して管理画面の切り替えがむちゃくちゃ早くなりました。なので、編集作業も以前に比べるとかなりスピードアップしました。

この引越でアクセスが増えることを切に願います・・・