イラストレーターで図形の質感をちょいと上げる小技 ノイズ機能

1.ベタな図形

立体物を描く場合、側面、前面、天面で、色の濃度を変えると、それなりに立体感が出ますが、どうもベターッとした感じが気になる。

そんな時に使えるのが、ノイズ機能。ベタに比べて、質感がグンと上がります。

イラストレーター ノイズ

2.ノイズを加える、粒状フィルム機能

効果>アーティスティック>粒状フィルムを選択

数値は適当に。左側のプレビューを確認しながら微調整

イラストレーター ノイズ

3.ノイズの仕上がりはこんな感じ

イラストレーター ノイズ

ノイズが反映された図形

イラストレーター ノイズ

4.比較してみると質感の違いがわかります

加工前と加工後の立体図です。微妙ですが、うっすらと質感が上がっています。

イラストレーター ノイズ

芝生の雰囲気はこんな感じ

イラストレーター ノイズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする