自分のスマホアクセス除外。Google Analytics

スマホからのアクセスを除外したい

「えっ、この前更新したばかりの記事にアクセスが集中している」で喜んだものの、Google Analyticsで見たら、その全てが自分だった経験はありませんか?

スマホやWi-Fiルーターの場合、IPがアクセスするごとに変わるのでPCのように簡単に除外できません。

なので、IPによる除外ではなくCookieによる除外で、自分のアクセスを除外することにしました。

gtag(グローバルタグ)の確認

今回紹介する設定は、トラッキングコードがgtag(グローバルタグ)という最新のものを扱います。

ちなみにgtag(グローバルタグ)とは・・・

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、AdWords、アナリティクス、DoubleClick にイベントデータを送信できるタグ設定フレームワークおよび API です。サービスごとに複数のタグを管理するよりも、gtag.js を使用することをおすすめします。そうすることで、最新のトラッキング機能と統合からより簡単にメリットを得ることができます。
p

gtag

gtagと書かれているので、自分がgtagかどうかすぐに確認できます。

カスタムディメンションの設定

「プロパティ」>「Ddカスタム定義」>「カスタムディメンション」の順

カスタムディメンション

「新しいカスタムディメンション」をクリック

カスタムディメンション

名前は適当にお好きな名前を、範囲ユーザーを選択。

最後に作成をクリックして、カスタムディメンションは完了です。

カスタムディメンション

完了後に表示される画面がこちら。

カスタムディメンション

写真ではdimension1と表示されていますが、既に他でカスタムディメンションを設定していると、こちらがdimension2、dimension3となります。

こちらのdimension◯はhtmlファイル作成時にひつようなので、メモでもして残してください。

最後に「完了」ボタンを押すと登録完了です。

カスタムディメンション

フィルターの設定

「ビュー」>「フィルター」>「フィルターの追加」でCookie除外のフィルターを作成します。

ビュー設定

フィルタ名は適当な名前を。フィルタの種類カスタムを選択、フィルタフィールドで、先程作成したカスタムディメンションのルーター除外を選択します。

ビュー設定ビュー設定

htmlファイルの作成

スマホ、Wi-Fiルーターの除外方法は、これから作成するページにアクセスして、そのページを閲覧した人のアクセスは除外するというもの。

その情報がCookieに残り、そのCookieを持っていると向こう2年間アクセスがカウントされません。

下記、HTMLファイルのコードです。

このHTMLをftpを使って、第一階層にいれます。

除外HTML

URLはこのようになります。

除外HTML

リアルタイムでは計測されますが・・・

こちらの設定、1-2時間後には反映されると言われています。僕の場合は、翌日チェックしたら確かに自分のアクセスが除外されていました。

ちなみに、リアルタイムでは計測されるようなのでご注意ください。