電力事業で新たな波。ソフトバンクと東電の提携

ADSL普及の立役者

2016年の電力自由化をにらみ、ソフトバンクが東電との提携を発表しました。この提携に、ソフトバンクによる新たな波が起きるののでは?と期待が膨らみます。

日本のネット普及立役者

ネットが今のように幅広く普及したのは、ソフトバンクのおかげ。ソフトバンク参入前と言えば、ネットは従量制が大半。通信量を気にしながら、接続を切ったりつけたり。この作業がとてつもなく面倒。しかも通信がとてつもなく遅い。

そんな、扱いにくいネットを使い放題で、しかもスピードも早いということで世に送り出されたのがYahoo BB。あれはかなり衝撃的でした。

駅前、コンビニなど人が集まるところにYahoo BB勧誘のスタッフありという位、契約者獲得に並々ならぬ力を入れていました。かくゆう自分もYahooBB契約者となり、ネットの素晴らしさを再認識したものです。

このYahoo BBの波が、その後の日本のネットに大きく影響したことは事実でしょう。

携帯電話でも大きなウネリ

次いで、大きな波を引き起こしたのが携帯電話。当時はドコモ、au、vodaphoneの3強。とは言っても、Vodaphoneは他の2社に比べると、ちょっと差が開いている感じ。

そのVodaphoneを買収したことで、大きな話題を読みましたが、ドコモ、auにかなり差がつけられているのに大丈夫?と個人的には思っていました。

iPhoneで大ブレイク

当時は画面が回転するアクオス携帯が人気でしたが、ドコモ、auとの差を縮めるほどのインパクトがなく厳しいという感じでしたが、iPhoneの独占販売で形勢逆転。シェアを一気に伸ばし、auを追い抜くかってところまでシェアを拡大。

さらに、ソフトバンクの打ち出すサービスに他の2社が追随するなど、ソフトバンクが、利用者には助かる携帯業界に導いてくれたのは確かでしょう。

そして第3の波

ネット、携帯、そして今回が電力。東電と提携したことで、エネルギー業界においても、新たな波を引き起こしてくれるのではないかと期待が膨らみます。

狙うは全国制覇?

提携した東電の主戦場は主に首都圏。それまでは地域独占となっていましたが、2016年の電力自由化により域外でも電力の販売が可能となります。

そこに目をつけたのがソフトバンク。東電が劣勢となる域外の戦いにもソフトバンクがサポートしますよと。東電にとっては頼もしい援軍なわけです。

ソフトバンクも全国津々浦々でサービスを展開できるメリットが得られるわけです。

さらに援軍のヤマダ電機

、ソフトバンクチームにとってさらに頼もしい味方がヤマダ電機。既に東電はヤマダ電機の関西と中部地方の店舗に電気を供給するなど一部で連携済み

ソフトバンクもヤマダ電機の発行済み株式の5%を取得し、資本提携済み。ある意味、必然の連合化だった気がします。

狙うは住宅産業の雄

この提携により、全国約1000店のヤマダ電機の直営店舗が、顧客獲得の最前基地となる訳です。加えて、電力関係に付随して太陽光発電システム、蓄電池、HEMSなどの商材も一緒に売ることができる。

ヤマダ電機にとっては、住宅関連商材をまとめた強力な商材を持つことができ、他の量販店にはない強み、あるいは他の住宅関連会社にとっても脅威になるのでは?

まとめ

ソフトバンクが電力自由化の台風の目になる空気がプンプンします。Yahoo BBの時のようなゲリラ戦を展開するようなことが起きれば、他の会社も座して待つことなく、&東電の展開するサービスに追随することでしょう。

とにもかくにも、よーくサービスの内容を吟味して、電力の契約会社を決めたいと思います。