斜め上を行く。エストニアの仮想通貨構想

お金 金融保険業界

法定通貨が仮想通貨

国家が主導して、仮想通貨を国のお金として使用する

そんな未来的な構想を掲げているのが東欧のエストニアです。

日本だとコインであったり、紙幣が法定通貨となるわけですが、これを電子通貨に置き換えましょうという話。

導入はハードルが高い気がしますが、そもそもITがかなり浸透している国なので、さほど障害は少ないようです。

お金

エストコインとは

エストニアが掲げる仮想通貨エストコインは、個人IDと紐付けられているもので、他の仮想通貨に比べ、所在がはっきりとしているので、信用という面では非常に高いといった印象を持ちます。

で、このエストコインは、エストニア住む人だけではなく国外に住むエストニア人も持てるというもの。

エストニアだけでに留まらない、かなり広がりを持った通貨と言えます。

ビットコイン

国家という枠組みを超えている

さらに、エストコインは、エストニア国民だけではなく他の国民にも開放されており、ある意味、エストコイン経済圏なるものが、国家の枠組みを超えて存在するわけです。

これまで土地繋がりの国民という概念とは全く異なる通貨繋がりの国民が誕生します。

気になるのが、この仮想通貨、個人IDとひも付きということなので、個人IDを発行していない国では使用できない。けど、個人IDを発行している国であれば、エストコインを使えるということになります。

となると、日本人の僕もエストコインを利用できるかもしれません。

つきつめると、個人IDこそ国家を形成する上で最強のツールではと思った次第です。

韓国

インフラが揃っているから為せる技

話をエストニア国内に戻して、なぜこのような構想が浮上がするのかと言えば先に上げたとおり、エストニアでは個人IDの整備が既に済んでいる所が大きいと思います。

法人登記や税務申告、法的文書のやりとりなどなど、これ全て個人IDで住んでしまうというもの。

しかも日本と違って、かなり国民に利用されています。

この下地があるか、ないかは大きな差になってくるかなと。

個人情報

将来的にはありえるかも

ところが、こんな未来的なお話も、「EU圏内で独自通貨は認めないよ」と欧州中央銀行からダメ出しをくらい、このエストコイン構想は今現在、停止状態になっています。

とは言え、各国からは、話を聞きたいという声も多く、関心の高さが伺えます。

もしかしたらエストニアよりも先にどこかの国で、法定通貨の仮想通貨に切り替える国が誕生するかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました