小人化すると良いこともある。「ダウンサイズ」

最近何かとダウンサイズ

子供が小さかった時はミニバンだったけど、今では夫婦二人だけなので軽自動車。住まいも戸建てから駅チカのマンションへ引っ越しなどなど。といった具合に最近よく耳にするダウンサイジングですが、これを人類でやっちゃおうというのが本作品。

人類のダウンサイズは、家やクルマでは経済的合理性という点で選択されていましたが、人間の場合は地球を長生きさせるという壮大なもの。

温暖化、食料問題、水問題などなど、これ全て、人間が小さくなれば解決できちゃう。だから自分自身をダウンサイジングしちゃいましょうという訳です。

ダウンサイズ

小人化ってありかも

作品中に小人化した人が、現行サイズの人間に対して、ダウンサイジング化を勧めるシーン。

ダイヤの指輪に、イヤリング、ネックレス。実物サイズなら数千万円はくだらないのに小人用のそれは数万円。まず一般ピープルでは到底出せない億レベルの大豪邸も、小人用であればこれまた数十万円の破格の安さ。

ダウンサイズ

食料にしても同じことが言えます。1日で食べきっちゃう高級黒毛和牛も数ヶ月にわたって味わえる。

これなら小人化はしても良いかなと気持ちが揺らぐのも無理はありません。

ダウンサイズ

まさかの妻の裏切り

小人化した人によるこのプレゼンを聞き、マット・デーモン演じるポールは夫婦で小人化することを決心します。

生身の人間がどのようにして小型化していくのか。まず全身の毛、髪の毛も一緒です。全てを剃って、歯も全て抜きます。

全員が白衣を来てベットに寝かされた状態で、小人化専用ルームに入れられ、タイマーをセットしてあとは数分待つだけ。

まるで電子レンジで簡単に調理できちゃう冷凍食品のごとく簡単に小人になっちゃいます。

ダウンサイズ

が、晴れて小人となったポールを襲ったのがまさかの奥さんの裏切り。。この奥さん、体毛を剃ることに耐えきれず小人化を断念。手術の途中で病院を去ってしまっていたのです。

はしごを外れたポール。念願の小人になったのに、とんでもない悲劇に見舞われることに。

こうして彼は夫婦ではなく、一人でこの小人社会で生きていくことを決意したのです。

ダウンサイズ

アジア人が準主役ってすごい

失意のどん底の中、清掃業務で出入りしていたある女性に心を惹かれ、ポールにも春が訪れます。

その相手がホン・チャウ演じるトラン

ポールをアゴで使い、サブキャラかなと思ったら後半の話でもずっとポールと一緒。

アジア人があのマット・デーモンの恋人役を演じることとなり、ちょっと驚きました。

日本人も早くこの手の役を演じて欲しいものです。

頑張れ、ローラ

ダウンサイズ