記憶喪失じゃないの?「FIND ME」

オープニングから二度の驚き

ちょっとだけ視線が合っただけで、自分に気があると勘違いして、その女性の跡を追う男。これってストーカー犯罪の作品と勘違いする人は多いはず。

後ろからつけてくる男性に気づき、毅然とした態度で跡をつけないでときっぱり言い放つ女性。「俺の家はこっちだから」と嘘を言い、彼女の前を歩く男。これでストーカー犯罪から逃れることができたとほっとしていたら、今度は二人して同じ家の前に立ち止まり、私の家、俺の家と譲らない二人。

ドアを開けたら、二人が海をバックに写っている写真。

そうですね、この二人恋人同士だったのです。

てな具合で、つかみはOK。気がかりなのは二人共、過去の記憶がない記憶喪失状態であること。互いの記憶が何かのきっかけで呼び戻され、ラブロマンス的な作品かと思いきや、話は思わぬ展開へ。

どんどん引き込まれていくこと間違いなしです。

findme

いきなり失踪した彼女

朝起きるといつもベッドの横にいる彼女の姿がない。勤め先や友人に聞いても、こちらには来ていないという回答ばかり。

実は記憶喪失は彼女だけ。男はそのフリをしていただけ。重度の記憶喪失で、何度か彼の前から姿を消して、いつの間にか戻ってきてる。まるで猫みたいな彼女。とは言え心配な彼は、彼女の捜索を引き続き進めていくのでした。

そして、彼女の友人男性にお家を荒されたことをきっかけに彼女の正体が徐々に明らかになっていくのでした。

findme

危ない橋を渡ってきたの

実は彼女、彼に伝えていた学校は全くの嘘。加えて彼を襲った友人も同様。そんな生徒は学校にいない。

写真が趣味な彼女の作品を元に、そこに写っている場所を訪ね彼女の情報を得ようとしました。

ある解体屋に訪れた時、怖そうな人たちに、彼女の写真を見せて居場所を聞いてみると、いきない裏に連れて行かれ後手に縛られてスタンガンでビビビ。

彼女の捜索から手を引けと忠告を受けます。

とは言っても、そう簡単に引き下がることができない彼は、その後も彼女の捜索を進めていきます。

その都度、命を狙われるのですが、とうとう囚われの身となり、万事休すとなります。

findme

捜していた彼女が突然目の前に

彼らは、彼女にある写真を撮られ、それが外に出るのを恐れていました。

その所在を彼が突き止めた事を知り、彼を拉致し、所在を吐かせようと拷問をしかけます。

悶絶する彼。これでおしまいかと思った時に、彼を救出すべく正義のヒーローが現れます。

見張り役の男どもを瞬殺して、部屋に入ってっ来たのは、ずっと彼が捜していた彼女だったのです。

状況を把握できないまま彼女の手引きで逃げることに成功した二人。

そして、彼女が正体が明らかに。とにかく最後まで見応え十分の作品です。ぜひ

findme