半人前がモノホンのギャングに。「ガンズ&ゴールド」

ゆる過ぎる海外の刑務所

この作品、冒頭は刑務所に収監されるシーンから始まります。施設にはフリースペースという共有スペースがあってタバコを吸ったり、サンドバックをたたり、ギャンブルしたりといゆるゆる三昧。

挙句には陰湿ないじめも・・・。明らかに気弱な子が曙バリのデブ数人に囲まれてトイレで・・・。もう地獄です。

そんな様子に見かねて、主人公がいじめられっ子を助けますが、それをきっかけに今度は彼がいじめの対象に・・・。いきなり後ろから羽交い絞めされ、トイレに引き込まれる、あっ危ないと思った瞬間に救世主、ブレンダン軍団が颯爽と登場。バッタバッタといじめ子を殴り倒し、JRは一命を取りとめたのです。

ガンズ&ゴールド

ブレンダンの要求が半端ない

新入りのJRに何故、刑務所のボス的存在のブレンダンが目をかけたか。それは彼にとってJRが利用価値の高い人間だったから。

で、早速命じたのが脱獄の手引。けして一緒に穴を掘れなんぞしょぼい話じゃありません。ヘリコプターをジャックして、刑務所の庭先に着陸させろというもの。

まぁ、これが手際よくトントン拍子で事が運び、看守と多少のドンパチはあったものの、ブレンダン脱獄作戦は成功します。

JRも、ここまでして危ない橋を渡ったのだから、ブレンダンからサヨナラできると思いきや、次なるミッションを課せられ、ギャングの世界にドップリとつかっていくことに

ターゲットは金の採掘所

金の採掘所を襲うというミッションで、JRは先に潜入して仲間を施設内に引き入れるという大役を任せられ、見事に成功。手際よく作業員を一箇所にまとめ抵抗できない状況に追い込み、その横でブレンダンはせっせと金塊をバックに放り込んでいきます。

盗んだ金塊は6本。見事採掘所襲撃を成功させ、依頼人のボスに報告。が、このボスがまた質の悪いこと、悪いこと。ブレンダンとJRが命がけで盗んだ金塊を独り占めしようと、ブレンダンとJRの暗殺を企てます。

ブレンダン強すぎ

JRを悪の道へ誘い入れたブレンダン。ユアン・マクレガーが演じていますが、むちゃくちゃかっこ良すぎです。組織には属してはいるものの、一匹狼的な存在で、ボスに裏切られても逃げることなく真っ向勝負を挑みます。

ガンズ&ゴールド

ボスに差し出した金塊を奪おうと画策。ロシア人マフイアとの取引現場を襲撃し、金塊を横取り。加えてその足で組織のボスの豪邸に忍び込み、ボスを自分の手で暗殺します。

あまりの手際の良さに、この人に目をつけられたら終わりだなと感じました。

そんなプロも脇が甘かった・・・

全幅の信頼を寄せていた部下、JRも十分経験を踏んだのか、最後の最後に師匠のブレンダンを裏切りにかかります。

先を読むことに優れるあのブレンダンを欺くのは相当なもの。JRもいつしかワルガキから本物のギャングへと成長を遂げていたのです。

二転三転のスートーリー展開

刑務所エピソードから悪の組織の仲間入り、そして組織から命を狙われ、生き延びたと思ったら部下に裏切られ最後は・・・。このめまぐるしく変わる状況設定がスピード感があって見応え十分な作品でした。