動物と心が通え会える関係って素敵「戦火の馬」

泣けました

久々に鼻の奥がツーンッとなった。こんな気持ち、ソラニン見た以来かも。

戦火の馬

軍事に馬っていつの時代だよ

時は第一次世界大戦真っ只中。当時は馬も貴重な軍需品と扱われていることにびっくり。

騎馬隊っていつの話だよ?と思いましたが、確か日露戦争では日本も使ってることを考える納得がいく

馬は飼い主を選べない

タイトルの「戦火の馬」通り、彼も敵味方を転々とします。時にはとんでもない重労働を課せられたり、戦車に追いかけまわされたり、大親友との出会いなどなど。まさに波瀾万丈の人生。

そんな地獄を生き抜いてこれたのも、彼を育て上げてくれたご主人様の存在があったからでしょう。

戦火の馬

感動のラスト

大号泣間違いなしのエンディング。いち押しの作品です。