呉越同舟、X-MEN2

スケール感が半端ない。

スパイダーマンやスーパーマン、バットマンなどのコミックヒローを扱った映画は数あれど、物語の奥深さという点では、一押しの同作品。これが結構深いんですよね。

最初は、いいものと悪者の単純な物語と思いましたが、さにあらず。

もっと深いテーマがあって、特殊能力を持つミュータントと人間が共存できるかという、ガンダムで言えば、ニュータイプと人間とでも言ったところでしょ。

だから、悪者側のボス、マグニート君。僕のなかではシャアと呼んでいますが、彼にも彼なりになぜ、ダークサイドに傾いたのかが別のシリーズで描かれています。

第二作品目と言えば。

敵、味方に分かれていたプロフェッサーX率いるいい者と、マグニート率いる悪者が共に手を組み、ミュータント狩りを目論むストライカーと死闘を繰り広げます。

それは特殊能力をもった人間を相手にするのですから、結果を見えたも同然ですが、結構どっこいどっこいの戦いを繰り広げ、ラストまで楽しめます。

X-MEN2

とりあえず時系列で一度通しで見たい。

X-MENシリーズは、よくあるシリーズ物のご多分にもれず、過去のエピソードを描いたものがたくさんあります。

ので、一度、時系列並べて見直せば、さらにのめりこむこと間違いありません。

[amazonjs asin=”B008UP1PGK” locale=”JP” title=”Marvel Select(マーベルセレクト) Magneto (マグニート) フィギュア”]