見事なまでの鉄仮面ぶり。ウシジマ君2

相変わらずの鉄仮面ぶり

山田孝之演じるウシジマ君。この役者チョ~かっこいいと思い、以来彼のファンとなった僕。シリーズ2もあいからずの無表情っぷりがたまりません。目の前に猛スピードのクルマが走ってこようと眉ひとつうごかさない。

ケンシロウも無表情だったし、それって強い人に共通しているっぽい

世直しウシジマ君

ヤミ金業者のくせにして、お金を大事にしない輩に、そのありがたさを痛い目に合わせてわからせる。シリーズ1同様、お金を大事にしない輩をビシバシと教育していきます。

まずはホスト狂いのフリーター女子

高校受験に失敗したのか、中卒にしてカフェで働く女の子。生真面目でコツコツとお金を貯めて、リストラされた親に働かなきゃダメよなんて真っ当な事を言っていたくせに、ゲームセンターで知り合ったホストにどっぷりはまりこみ転落人生が始まります。

最初は軽い気持ちでホストクラブに足を運んでみたものの、ホストの彼にNO.1になりたいから店に通い続けてくれなんて言われたら引くに引けず彼のためならということで身体売りの少女に転身。

ウシジマ君

次いで暴走族の総長の中尾明慶演じる愛沢君。

総長たるもの族を養うのにお金が必要という訳のわからない理屈をこねてヤミ金から借金。恐喝やらオレオレ詐欺まがいのことをして、借金返済に奔走するも期日通りにお金を集めることができずアウト。

ウシジマ君

ウシジマ君の仕事を奪う半端者

愛沢に因縁をつけられ、ボコボコにされた後、ウシジマ君の会社に入社した彼。一生懸命取り立て業に勤しんでいたものの、身内、かぁちゃんの借金を肩代わりするという約束で泣く泣く解雇されます。

が、その後がいけない。ウシジマ君のお客さんを横取りして商売を始めるは、愛沢とつるんでウシジマ君を襲ったりとやりたい放題。

けれどウシジマ君は怒りません。そこがウシジマ君の懐の深い所というか、感情とビジネスは別モノと割り切り、活かす代わりにしっかり借金200万円強を払えよとバッサリ。

最後は3人それぞれ天罰が下るのですが

ここまで紹介した3人の他にもウシジマ君のライバルとなる切れたら怖い女取り立てて屋や女子フリーターにつきまとう得たいの知れないスートーカーなど見応十分。

ウシジマ君

シリーズ3もできれば見たいと思わせる良作でした。