惜しまれつつ終了。「セシルのもくろみ」後半戦

結局打ち切りかよ

放送中から、視聴率の低迷っぷりに打ち切りかと囁かれていた。マジかよ、そんなつまらんドラマなのかよと急ぎ、録りためていた回を観てみましたが、意外に面白いじゃんという感想。

世間の言う面白いドラマと僕の中の面白いにズレがあるのは残念なことだけど、打ち切りとは、何とまぁ悲しいことなんでしょうと思った次第です。

セシルのもくろみ

前半戦の振り返り

確か4話か5話までぶっ通しで観て、読者モデルに抜擢され、アンケートでもそこそこ好評価で、これからという時に編集方針で読者モデルの企画は打ち切りという衝撃な事件が勃発。

真木よう子は仕事を失うことになります。

一方、雑誌のカバーモデルを勤める吉瀬美智子にも家庭内トラブルが勃発し、おい、これからどうなるんだろとドラマもこれから盛り上がっていきそうという感じで、期待感がさらに膨らみました。

セシルのもくろみ

読者モデルから専属モデルへ

読者モデル企画がなくなり、仕事がなくなってしまった真木よう子ですが、読者からの惜しむ声が多いこともあり、何と専属モデルに大抜擢されます。

これでモデルとしての道が再び開けた訳です。

一方の吉瀬美智子は旦那と離婚というワイドショーにとって、格好のネタを提供することとなります。

が、さらに大事件が勃発。何と吉瀬美智子がカバーモデルを務める雑誌を自ら卒業することを決意。

トップモデルが不在というとんでもない事態に発展します。

セシルのもくろみ

負の連鎖が半端ない

ということで、大混乱の中で、更に追い打ちを受ける事件が・・・。何と編集長のリリー・フランキーが異動となり、新編集長が就任。さらに空位となったカバーモデルの座にはハセキョンがカンバックというさらなる衝撃の事件が勃発。

とにかく後半戦はジェットコスターばりの急展開の連続。そう考えるとドラマってつくづく難しいなと。こんな大ネタを最初にぶち込んでいれば、打ち切りにならなかったのにって思った次第です。

セシルのもくろみ

まさかの退社、独立

混乱を極める雑誌編集部。部数もリニューアル後に漸減傾向となり、休刊か?と言われるほどの体たらくぶり。

その状況でさらに大事件がおき、何と副編集長の板谷由夏が退社し、新雑誌を創刊するという動きに。

敵に塩を送るような行動に出た板谷由夏ですが、それまでの溜まりに溜まった恨みをはらそうかと勘ぐられてもおかしくない事件が起きます。

さらに伊藤歩も、転職を決意しちゃうし、真木よう子も板谷由夏の雑誌から引き抜きのオファーを受けるしで、もう最終回はカオス状態。

で、真木よう子がどう出るかが注目される訳です。残るのか、それとも新しい雑誌に移籍するのか。とにかく波乱の連続の後半戦、観ていない方はぜひ。

ドハマリすること間違いなしです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする