hetemlのサブFTP機能をXSERVERで再現

ftpをネットストレージとして活用

ギガファイル便、ファイヤーストレージ、宅ふぁいる便など大容量のデータを扱うには大変便利なネットストレージ系サービス

が、セキュリティの厳しい企業が多くなる中で、これらのサービスを全く使えないこともよくある話。

急ぎの時は、泣く泣くバイク便を走らせてデータを引き渡すなってことも・・・

という訳で、各社サーバーで提供しているFTPサービースを活用して大容量のデータを引き渡すことに。

これならば、セキュリティの厳しい企業でも利用可能ということで、頻繁に利用していました。

hetemlのFTPは秀逸

自分が使っていたのがheteml。サブFTP機能で、その領域しか閲覧できません。なのでネットのデータをアップしていようが、その領域は見れない。なので安心です。

IDとPWさえ入力すれば簡単に利用できます。

hetemlrftp

アップロードもダウンロードも自在にできるので重宝していたのですが、訳あってサーバーをXSERVERに変更。

まずはftpアカウントの設定

Xserverのコントロールパネルを拓き、FTPアカウント設定を選択

xserverftp

FTPアカウントを選択

FTPアカウント追加タブをクリックし、FTPアカウント、パスワード、ディレクトリーを入力

xserverftp

続いてFTPアカウント

xserverftp

FTPソフトで、ディレクトリー用のフォルダーを作成。ファイル名をsampleとします。

xserverftp

ディレクトリー名にsampleと入力

xserverftp

FTPアカウントが追加されました。

xserverftp

ファイルマネージャーの設定

今度はXserverのインフォパネル(コントロールパネルではありません。)を開き、ファイルマネージャーを選択

xserverftp

先ほど設定したIDとパスワードの入力します。

xserverftp

これでsample領域に限定したファイルやりとりストレージが完成

Xserverのヘルプには、このような話が一切なかったので引越しに不安を感じましたが、何とかできて一安心。

ちなみに、この作業、試用期間中はできませんので、ご注意ください。

xserverftp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする