潔さがかっこよすぎるGEの家電事業売却

投資に似ている事業ポートフォリオ

せっかく投資したんだから、今はダメダメだけど、いつか上がるに違いない。そんなこんなで、どんどん損が膨らみ結果、早く損切りしておけばと思うことがしばしば。

会社も一緒。利益を上げている事業もあれば、足をひっぱる事業も・・・。

で、GEのそれは、潔よすぎてさすがと言った感じ。100年以上も続く家電事業の売却を決断したのですから・・・。

GE

選択と集中って奴か

お金と人的リソースを強みのある、あるいは成長性の高い事業に集中させる。一昔前に日本でも、盛んに「選択と集中」という言葉が飛び交っていましたが、まさにそれ。

成長性の高いインフラ事業にフォーカスしていくことで、早速仏のアルトストムの火力事業を買収しました。 発電所

成長分野は手元に残す

家電事業を売却はしたものの、LED事業は手元に残したようです。素人的には照明とすぐ想起しちゃいますが、GEの場合は、食物の生育技術に応用したり、通信の手段として活用を考えているようで、見えている将来像がかなり斜め先を行っています。

ge_oven

ポートフォリオって大事だけれど・・・。

成長性、収益性の高い事業にお金、人を投下してポートフォリオを組みなおす。自分の投資ポートフォリオにも役立つと思いました。

が、そこは人。情が沸いてしまうというか、この先は何が起きるかわからない、なんてことを延々と考えていると、GEみたいに潔く、バッサリとはいかないものなのです。優柔不断の僕にとっては・・・。

日経ビジネスNO.1757より