not provided とを外して検索クエリ一覧を表示させる

Google Analyticsで検索クエリの一覧を表示させる際に、not provideを非表示させる方法を紹介します。

そもそもnot Providedとは

これは、Googleアカウントにログインした状態で検索された数を指します。これは個人を特定できないよう、Google側で設定しているのです。ということで、どんな語句で?というのがわかりません。

一覧表示するとしっかり表示

にも関わらず、しっかりnot providedで一覧に表示され、しかも数が多いものだから、しれっとトップに表示される。検索語句を純粋に知りたいので、not Providedを非表示にします。

not-provided

Google Analyticsのアドバンスト設定を使い非表示化

一番、左側を非表示、右の欄にnot providedと表示させ、適用

not-provided not-provided

最後はショートカットに登録

後で見ることもふまえ、ショートカットに登録しておくことをお勧めします。

not-provided