変化を恐れない定番の作り方 カルビーポテトチップス

ポカリスエットはまだまだ伸びしろあり

商品サイクルが短くなり、定番商品が育ちにくい現代において、今なお生き残っているのは高い商品力のおかげ

発売から48年経った今でもトップブランドとして君臨しているカップヌードルはあまりにも有名ですが、他にもロングセーラー商品があります。大塚製薬のポカリスエットがまさしくそれ。小学生時代は粉タイプが大流行。ゲータレードと人気を二分していましたが、今では見るが影もなポカリの独壇場と言った感じ。

こちらも販売から33年も経過し、定番商品として座をキープ。

しかも驚くことに年々販売が増加しているというのですから、中の人の努力が凄まじいことがわかります。

汗

えっ、クイックルワイパーって進化してたの

日用品の世界での定番商品と言えば、花王のクイックルワイパー。我が家でも重宝していますが、これが定番らしからぬと言いますか、こまめな改良を続けながらもトップブランドとして地位を守り続けています。

改悪と評価される恐れがありながらも果敢に挑戦する姿は凄いなと思います。

1994年に販売し、20数年経過していますが、ユーザーの不満を改善しつつ、改良を加えていったとか。

クッション面に凹凸をつけて畳のほこりをとろやすくしたり、棒の部分を握りやすくしてみたり、捕獲力を高めるために打面うず巻状にしてみたり。

まぁ、改良点を挙げると切りがない位、細かい改良がなされています。

掃除機

カルビ ポテトチップスも実は・・・

お菓子の世界の定番商品 ポテトチップスも細かい改良を加えつつ、定番商品の地位を守り続けている商品です。

1975年の発売から今の今まで改良は14回に及んでいるとか。

主な改良点は塩の産地と粒の大きさだとか。

塩の量と粒の大きさを細かくチューニングすることで、カルビー ポテトチップスらしい味を作り上げいます。

ここまで来るとほぼ職人技。販売を維持している点からも、このチューニングはほぼ成功していることでしょう。

塩

定番も進化させるもの

会社の主力商品でかつ定番商品ともなると、そう簡単に味を変えることはできないのかなと思いましたが、守るに入ると後退してしまうという想いがあるのでしょう。

この勇気ある取り組みは称賛に値にします。

まぁ、失敗すれば元に戻せばいいという開き直りの気持ち、逃げ道を作っておかないと開発者がしんどいなと思った次第です。

個人的には発売当時の復刻版ポテトチップスを食べてみたいなと思った次第です。

ポテトチップス