アップストアに物申す。提供会社

手数料30%って。旨すぎる商売

iPhone向けアプリ開発会社がアップルに支払う手数料は30%とのこと。今どき10%って取るだけでも一苦労なのに、まさに殿様商売。

Appleの事業別売上高ではiPhoneが全体の半分を占めているものの、アップストアがらみのサービス事業も年々右肩上がりでiPhoneに次ぐ稼ぎ頭に成長。今後もさらなる成長が期待できる分野とも言えます。

フォートナイトの反旗

有料アプリの場合、徴収したお金はAppleを経由して手数料30%をひかれて開発元に支払われますが、この支払いの仕組みとは別に支払いルートをこさえたのが、あの世界的なゲームとも呼べるフォートナイト。

これまで独自の徴収ルートをこさえて、アップストアから退場させられた例はいくつもあります。

日本で言えば確かヤフーがゲームサービスで、独自の徴収ルートを作った記憶が。ところが即Appleから指導命令が入ったのか、開設してまもないのに閉鎖。それ以降、ヤフーの公開処刑を知ってか、この独自ルートに関する目立った動きありません。

フォートナイトもアップストアから退場の憂き目に合い、従順に従うかと思いきや、訴訟騒ぎに発展。徹底抗戦の構えを見せています。

反プラットフォーマー同盟結成?

フォートナイトの開発元エピックは、Googleに対しても同様の訴訟を行っており、ある意味、プラットフォーマーに対して戦っていく強い意思を感じます。

ビッグ4が反トラスト法などで裁判沙汰になっている絶好のタイミングに提訴した所も見逃せません。

さらに音楽配信のSpotifyにも声をかけ、一緒に戦っていきましょうと反プラットフォーマー同盟を結成。

世界的音楽配信サービスのSpotifyが仲間に加わったのはエピックにとっても大変心強い。これにNetflixも加わったら、プラットフォーマーもなす術なしといった所でしょう。

強気のAppleが譲歩したけど・・・。

エピックに訴えられたのが相当応えたのか、これまで全く聞く耳を持たないAppleにも変化が現れました。

それが手数料の減額。これまで30%だった手数料を半分の15%にしたというもの。

アプリ提供会社に歩み寄った大きな譲歩に見せますが、対象は年間の販売額が1億円以下の会社。つまり中小企業を対象したもの。

当然、エピック、Spotifyなどはこの恩恵に預かれない。世間の目を気にしてなのか、一部だけ切り取るとAppleのこの対応は好意的に受け止められることでしょう。

利用者に還元されるのなら独自ルート大歓迎

裁判の行方次第になりますが、仮にアプリ開発会社側で支払いの独自ルート構築okともなれば、これまでの課金もお安くなるかと思いますね。

とは言え、そもそもスマホで動画視聴やゲームをしない僕にとってはあまり関係のない話なのですが・・・。

とは言え、中小企業の手数料半額は、もしかしたら今利用している有料アプリに何かしらの影響を与えてくれるかもしれません。

そんな日が早くこないかと思った次第です。