中国歴史にその名を残す名君「重耳」を読み終えて思うこと

古代中国の歴史を振り返る

宮城谷昌光先生の中国歴史小説にはまってから早10年近く経ちました。

楽毅孟嘗君呂不韋太公望管仲などなど。これを時系列に読むとまぁ、中国歴史を知るのにもってこい。

各国の力関係が時代ともに変遷していくのは読み応えがあります。

今回紹介する重耳は、古代中国歴史の春秋戦国時代の春秋の時代のもので、キングダムで描かれる戦国時代よりも一昔前の時代を描いています。

当時はまだ周王朝がまだ力を持っていた時代。日本で言えば朝廷ですかね。各地域の諸侯は周王朝について忠誠を誓っていましたが、朝廷の力が弱まると、錯覚を起こす諸侯が出現。それが楚と斉ですね。楚は周王がいるのに王を名乗ったり、斉の桓公は諸侯の盟主となり、会合をしきったり。

といった具合に朝廷の力が弱まっていましたが、重耳のは、勤王の姿勢を崩さず忠誠を誓い続けます。

重耳

3世代にわたっての遠大な話だよ

作品タイトルは重耳ですが、彼のおじいちゃんにあたるが前半では主役。彼の時代の晋は本家と分家に分かれ、同じ国ながら分裂状態だった国を一つにまとめて悲願を達成し、息子、詭諸に政権を委ねます。

詭諸の子供として重耳は次男坊として生まれます。本来なら嫡子の権利はないのですが、色々な苦難を乗り越え晋の君主に就きます。

晋の不幸の始まりは、詭諸と奥さんの驪姫による失政が大きく影響しているんですけどね・・・・

自分の息子を次期君主にの悲願達成

お家騒動は今も昔も変わらないというのが正直な感想。重耳の時代あ紀元前600年頃と言われています。その後の中国を見て君主亡き後、継承問題で臣下が2分、いや3分して国が混乱してしまうことがよくあります。

晋も同じです。晋の敵国から捕虜として連れてこられた女性、驪姫に君主の詭諸がひと目ぼれ。

驪姫は正妻の座をゲットすると詭諸との間にもうけた子供を嫡子にしようと画策し、見事その願いを達成しちゃいます。

驪姫が晋に連れて来られる前は、長男の申生は嫡子の権利を有していましたが、驪姫の奸計に会い、自殺に追い込まれ、残りの重耳、夷吾を国外に追放し、事を成し得たのです。

混乱は続くよ重耳が帰るまで

ただし驪姫の時代は、そう長くは続かず詭諸亡き後、息子と一緒に暗殺され、再び晋は混迷を極めます。

国外に追放された重耳、夷吾に戻ってきて欲しいという声が高まるものの、重耳は混乱の中で君主に就くのは得策ではないと辞退。

代わりに三男坊の夷吾が晋の君主に就任しました。

約20年ぶりに重耳帰還

君主を事態した重耳は、その後、狄、斉、衛、宋、鄭、楚を渡る歩きます。食べるものにも苦労する旅を続け、何とか斉までたどり着き、その後は桓公の側近として賓客待遇で扱われ、そのまま斉に骨を埋めようとしました。

これに猛反発したのが家臣達。重耳を晋の君主にすべく強引に斉国を飛び出し、再び流浪の旅へ。

その後、衛、宋、鄭、楚、秦を渡り歩き、秦の君主の手引で、約20年ぶりに晋に帰還。夷吾の息子を追い出し、君主につくことができたのです。

重耳

苦労人だよ、重耳は

重耳のこの長い長い旅は負の側面だけでなく、中国全土にその人格者として中身を知らしめたと言ってもいいでしょう。

斉や楚の君主からも一目置かれ、その後、斉に代わり中華の盟主に晋がなったのは、この流浪の旅も少なからず影響していたと思いますね。

他の宮城作品に比べ戦に関する話は少ないですが、最後まで楽しく読めました。