セッション数チェックは身体に毒

パソコン Blog 反省

ブログを初めて2年近く経つけれど・・・

有名ブロガーさんの書籍やツィートなどを読むと、継続することに意味がある的な内容をよく目にします。てなわけで、2年近く毎日欠かさず、記事を投稿しているけれど、セッション数は50~70セッションを行ったきたり。100を越えるのは月に1-2回。

そんな感じで、1年近く推移していました。

アクセスアップでしたこと

この硬直状態のセッション数を改善しようと、色々と試みました。h1タグを乱用はアクセス数を落とすと聞けば、全記事をh2に置換したり、画像の表示速度が遅いのは致命的と聞けば、画像サイズを小さくしたり・・・

加えて、過去記事のalt部分を再編集してみたり・・・。けれど結果は、変わらずじまい。ただまだまだ修行が足りないと思い、他にも改善する点があるのではないか、よしやってみるかと気持ちも前向きだったのですが・・・

1年ぶりのセッション20

てな訳で、多少はブログに対し前向きな気持ちだったのですが、9月のシルバーウィーク中にセッション数20を記録。自分のブログの場合、土日にセッションが落ちるというのはいつもの傾向なので、さして気にしておりませんでしたが、シルバーウィークを明けても状況は改善されず・・・。

余裕で50セッションを越えていたのに、シルバーウィーク以降は50を越えるのは稀。さすがにこれには心が折れました。

セッション数チェックが苦痛

毎日帰りの電車でセッション数をチェックしていました。だいたい7-8時頃。その時はもうドキドキです。その時に38、36セッションという表示を見るだけで、家に帰りたくない気持ちに・・・

次第に、日常生活にも影響し始め、ブログのアクセス数ダウンで落ち込むことが何日か続き、これはまずいと気づきました。

解決方法は逃げる

セッション数を見るたびに落ち込むなら見なければいい。セッションを気にするあまり、開設した当時のブログを書く楽しさが失われていたなと。

というわけで、ここ最近はノーチェック。チェックをしないことで、余計なことを気にすることなく記事を書くことにも集中できるようになりました。

もうしばらくはセッション数チェックは控え、心の落ち着きを取り戻したら、パンドラの箱を開けてみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました