いよいよWinの牙城を崩せるか。Apple

ビジネスシーンではWindowsが圧倒的

長きにわたりビジネスシーンではWindowsが圧倒的なシェアを誇っていました。

Appleも手をこまねいている訳ではなく、CMなどでは明らかにWindowsと仮想敵と見なし、その違いをアピールしていました。

が、全く持って効果なし。ということもあってか、WindowsとOS争いをやめようということで、あからさまにWindowsを攻撃するようなことはなくなりました。

PCじゃない所でじわじわと浸透

加えて、Apple内の主力製品の変化もあり、MacOSよりもiPhoneが稼ぎ頭となり、こちらに注力した方が会社の未来にとって有用とでも思ったのでしょう。

で、PCでじゃない所で法人需要と取り込もうということで、スマホ、タブレットに力を入れ、見事にこのデバイスではWindowsを圧倒する成果を上げることに成功しました。

この方針変換の成功で気を良くしたのか、再びPCも力を入れていこうという動きが高まっています。

法人攻略パートナーにドコモ

法人を攻略するにあたり、Appleでは通信会社として提携してこれまでシェアを伸ばしてきました。

日本国内で言えば、auやソフトバンク、ドコモなどの3大キャリア。米国ではAT&Tと組んで法人開拓を進めています。

んで、今回、iPhone、iPadにPCを加え、本格的な法人攻略を進めているとか。既に本国ではAT&Tとこの取組を推進。日本国内ではドコモと組んで、このビジネスを推進していく予定だとか。

パートナーにドコモを選んだ理由は、企業のシステム部門などと幅広くつきあいがあるという点。その関係に便乗してPCのMac化もしれっと進めていこうというわけです。

ITに精通したシステム部門の人間に「Winに比べMacの方がセキュリティ面、使い勝手、テレワークという面で優れている」なんて言われたら、信じて疑わないでしょう。

在宅勤務が追い風になるかも?

在宅勤務で広がる中、セキュリティをどう維持していくか、Web会議をトラブルなく進めるとおか、色々な課題が見えてきました。

これらの課題を受け、新型iMacはフルHDのカメラと高品質なマイクを搭載。Web会議もストレスなく、オンライン上の共同作業もラクラクという点をアピールしているとか。

PCもApple化したら本物だけど・・・

一度は諦めかけていたかに見えたPCのMac化ですが、もしかしたらスマホ、タブレットとのスムーズな連携を武器にシェアアップも期待できます。

Mac ファンとしては、長年の夢が実現することを期待しています。